こんにちは、川村です。

梅雨ならではの雨が多いここ最近、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

完成が近づいていることをお知らせしておりました、シャッドクランク、Reazzy(リズィー)。

 

求めるアクションを発するために、おそらく業界初となる“後付け基盤リップ”を採用して理想とするアクションを譲ることなく量産へ進めそうです。

ボディ前方に少しラインアイを飛び出させることで、より良いアクションが出ることから、エイトリングの位置を固定する精度を上げるために補強も入れて・・・

そこからボディにウロコ模様を入れる、金型の追加加工を行いました。

一般的な、格子に腹側は斜線のパターンは安パイながらも個人的にはグッとこず、より繊細でヌメリ感のある表面にしたかったことからウロコ模様にシボを入れました。

本金型への一発勝負ゆえ、イメージとのギャップがないか心配で・・・(^_^;)

工場から届いたサンプルを見てその心配は吹き飛びました!

繊細な模様ながらも、背の稜線でパキッとメリハリがついてカッコイイ!(^^)!

 

ここからは、色塗り職人でもある草深の真骨頂!

実践的なカラーラインナップとなりますが、皆さまにお届けするオリジナルカラーに関しましては感謝の気持ちを込めたカラーに仕上げたいと考えております。

完成まではもうしばらくの日数をいただきますが、今度こその完成間近となりましたことをご報告させていただきます。

 

それでは、時おり肌寒い日もありますので、時季外れの風邪などひかれぬようお気をつけくださいませm(__)m

 

川村光大郎

 

新着情報一覧へ