皆さま

こんにちは。NPO法人 AfriMedico 代表理事の町井です。

明日配信されるメルマガでも同じ内容をお伝えいたしますが、

前回告知したAfriMedicoのクラウドファンディングが、ついにスタートしました。

 

これは私の2回目のクラウドファンディングになります。

 

2年前に実施した前回は、皆さんの暖かい応援でプロジェクトが成功出来、お金のみではなく、

パワーを頂き、心の込もったお金を大切に使わせて頂きました。

改めて有難うございました。

 

さらに、今回は更なる新たな挑戦です。今日から12/22(木)までの2カ月弱、AfriMedico一丸となって駆け抜けたいと思います。

 

今回のプロジェクトでは、AfriMedicoが現地活動を行っているタンザニアのBwama村に、置き薬の特長を取り入れた「OKIGUSURI SHOP」をオープンするための費用として、【200万円】を募りたいと考えています。

 

いったい、「OKIGUSURI SHOP」とは何でしょう?

 

タンザニアの農村部に我々は置き薬を届けていますが、

私たちが活動するBwama村で置き薬の拠点が必要となりました。

 

今年5月にAfriMedicoスタッフが訪れた際に置いてきた薬箱は、

村長さんが管理してくれていますが、より周りへの普及を考えて今回新しい試みをスタートしました。

「置き薬ショップ」には、様々な薬が置かれ、一般薬の販売資格を持つ管理人がいます。しかし、一般的な薬局とは違う仕組みで運営します。

 

今回のクラウドファンディングで募った資金にて立上げる「置き薬ショップ」を通じて、現地の人々が当たり前に医療サービスを享受できるような仕組みを、Bwama村に作っていきたいと思います。

どうか皆様、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

新着情報一覧へ