10月30日(日)にNPO法人Living In Peace様主催のマイクロファイナンスフォーラムに理事の青木が登壇し、AfriMedicoの活動と「OKIGUSURI  SHOP」プロジェクト構想にて発表、そしてマイクロファイナンスと保健医療をどう連携していくか?という切り口でパネルディスカッションを行ってきました。


ほかの登壇者はライフネット生命保険株式会社 代表取締役会長の出口 治明さん、JICA(国際協力機構)国際協力専門員の竹中 裕さん、NPO法人AMDA社会開発機構 海外事業部 プログラム・コーディネーターの白幡 利雄さん、そしてLiving in Peace代表 慎さんとかなり豪華メンバーがそろうなか、約120名の前で、アフリメディコの医療を通じてアフリカの人々に健康と笑顔を届ける活動と、今回Readyfor?のクラウドファンディングを募っている「置き薬」ショップ構想について説明させていただきました。マイクロファイナンスと、置き薬のようないわばマイクロメディケ―ションは両者とも末端までサービスを届けることをめざしており「誰もとりこぼさない」というSDGsの目標を担っていることを再確認し、会場からも多く共感の声と、活発なご質問をいただきました。


これからも目標目指して走りぬけたいと思いますので、ご支援よろしくお願いいたします!

 

新着情報一覧へ