プロジェクト概要

日本で一番自慢したくなる、世界遺産の安芸の宮島の魅力紹介サイトをつくりたい!!

 

はじめまして!学生団体Are.Bra(エリブラ)のリーダーをしています、筑波大学3年の田辺太一です。私たちは、2013年2月から地域の魅力を発掘・発信して地域活性化に貢献したい、人の心を動かせることをやりたいという熱い思いを持った筑波大生を中心としたメンバーが集まって活動しています。Are.Bra(エリブラ)とは、地域の魅力をブランド化し、付加価値をつけて発信していくことで地域の活性化に貢献していこうとする団体です。

 

そこで、今回は宮島の地域活性化に向けみなさまのお力をお借りできないでしょうか。

 

 

 

宮島には知られていないストーリーがいっぱい

 

「厳島神社や鳥居だけではなく、もっと多くの宮島の魅力を紹介したい」
きっかけは、宮島の対岸の廿日市市大野出身の方からの相談が始まりでした。

厳島神社の印象は持っていましたが、正直それ以外は知りませんでした。まずはどんな場所なのかもっと知りたいと、相談者に案内してもらいながら2014年秋にメンバー4名で初めて宮島に伺いました。

 

 

徹底的に宮島をリサーチ!自分たちの足で情報を集める!

 

自分たちの足で徹底的にリサーチし、地元の方にヒアリングをしていくと、宮島の隠れたストーリーを数多く集めることができました。

 

・空海が修業した弥山。日本で唯一鬼の神様をまつる
・豊臣秀吉が崇拝した波切不動明王
・古代文字ヒエログリフが隠された弥山の石
・日本三大奇襲に数えられる毛利元就の厳島の合戦
・日本三大弁財天のご利益
・日本三景って厳島神社だけでなく弥山からの眺めのことだった?
・日清・日露戦争の勝利を祈って「勝利をメシトル」しゃもじが名産に!
・もみじまんじゅうは伊藤博文がきっかけ?
・対岸大野にある駅弁ランキング1位のお店やもみじまんじゅう発祥の店
・『裸の大将』や『坂の上の雲』のロケ地
などなど

 


もったいない!(おしい!広島県) 宮島に眠る魅力を発信したい!


既存の観光サイトを調べてみたのですが、観光協会さんのサイトはあるものの、私たちが教えてもらった誰かに自慢したくなる宮島の魅力を簡単に知ることができるものはまだまだ整備されていないことに気づきました。私たちも虜になってしまった日本の誇りたる宮島の魅力って意外に奥深いのにほとんどの人が知らずに宮島に訪れたしまったつもりになってしまっている。年間400万人も来訪してくれているのに、これでは世界遺産・日本三景がもったいない!!おしい!!と痛感しました。

 

日本で一番自慢したくなる
世界遺産の安芸の宮島の魅力紹介サイトをつくりたい!!


そこで私たちは、
★宮島の歴史ストーリーあの歴史人物に由来 歴史ベスト10
★神の島宮島のパワースポット10選
★地元民が教えるチェックポイント 穴場情報ベスト10
★宮島グルメはあの人も絶賛! 話題のセレクト名店
など「誰かに自慢したくなるストーリー」を徹底的に紹介するサイトを作りたいと考えています。また素敵なデザイン・人の魅力を丁寧に紹介することも心がける予定です。

 

ゆくゆくは「もみじまんじゅう制覇!もみじまんじゅうの食べ比べ。各店の特徴チェック!」や「最新のメディア情報などの話題」を紹介していき、随時小ネタとなる情報を増やしていこうと考えています。また英語版・フランス版・中国語・ハングル語・タイ語・インドネシア語なども整備して外国人観光客にも知ってもらえるサイトにしていきたいです。

 


今回のMissionについて
サイトを通して、日本を代表する観光地宮島の魅力を国内外の人にもっと知ってもらい宮島ファンを拡大すること!
私たちの観光サイトを見ていただくことで、はじめて宮島を訪れた人たちや久しぶりに来た人たちが、一人でも多く、私たちのように宮島を好きになって欲しいです。
日本を代表する観光地宮島の魅力に触れていただくことで、宮島のファンになってもらいたい!と考えています。

そこで今回は、宮島の魅力が凝縮され、誰かに自慢したくなる小ネタを紹介するWEBサイト構築費用のご支援をいただきたく、クラウドファンディングにチャレンジさせていただきました!

宜しくお願い致します!!


これまでの実績
●まちの魅力を発信する情報冊子「まちぶら」を発行!
「まちをぶらぶら歩いてもらいたい想い」と「まちの魅力を発信することでブランド化につなげたいとの想いから、2つの意味を持った「まちぶら」を発行しています。
これまでに、横須賀追浜、西浅草、新子安、横浜山手の冊子を完成させました。
地元の主婦に人気のカフェや創業70年以上の歴史を持つパン屋さん、サッカー選手や芸能人御用達のお店、10日間熟成の特製デミグラスソースのオムレツライスなど、自らの足で地域を歩き、地域の魅力を発掘し、発信する地域の魅力や誇りが満載の情報冊子を作成してきました。
誰かに自慢したくなる小ネタの多さも特徴です!
地域の方々からは、「よくあるガイドブックや雑誌の特集よりも、これは使えると思った魅力的な冊子でした。」「地域に暮らしているような感覚にもさせてくれる印象を受ける冊子でした。」などの感想をいただいており、大変好評です!