READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

「フィリピン産カカオ豆とコーヒー豆を」フィリピンの人々から日本へ

ブンガイ ミッキー カパラス

ブンガイ ミッキー カパラス

「フィリピン産カカオ豆とコーヒー豆を」フィリピンの人々から日本へ
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は4月29日(木)午後11:00までです。

支援総額

0

目標金額 5,500,000円

0%
支援者
0人
残り
16日

最初の支援者になりませんか?

プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
0お気に入り登録
0人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は4月29日(木)午後11:00までです。

0お気に入り登録
0人がお気に入りしています

プロジェクト本文

私について

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

フィリピンの農民の皆さんから日本の方々そして世界へ、フィリピン産カカオ豆とコーヒー豆

「OISHI」「SMILE」をお届けしたい。

 

日本の皆さん初めまして、ブンガイミッキーと申します。

フィリピンから現在日本に在住してます。

大学卒業後、日本で4年ほどお仕事をさせていただきました。

そのあとはフィリピンに戻りフィリピンと日本で何かできないかと色々な事にチャレンジをしました。

現在はフィリピンでコンサルティングの会社の代表をさせていただいております。

主にフィリピンに進出する日本の方々のコンサルティングまたは進出の準備などのお手伝いをしてます。

 

 

フィリピンコーヒー豆の歴史

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フィリピンでは、コーヒーはその風味と同じくらい豊かな歴史があります。

最初のコーヒーの木は、1740年に2人のフランシスコ会の兄弟によってバタンガスのリパに導入されました。

そこでは、マカサエト家の一部として特定された2人のフィリピン人が、リベリカの苗木を植えて繁殖させました。

そこから、コーヒーの栽培は、アイバーン、レメリー、サンノゼ、タール、タナウアンなどのバタンガスの他の地域に広がりました。バタンガスはその富の多くをこれらの地域のコーヒー農園に負っていて、リパは最終的にフィリピンのコーヒーの生産の中心地になりました。

 

1880年、フィリピンはコーヒー豆の4番目に大きな輸出国であり、Coffee Rust病がブラジル、アフリカ、ジャワを襲ったとき、フィリピンは世界で唯一のコーヒー豆の供給源になりました。

1950年代、フィリピン政府はアメリカ人の助けを借りて、より耐性のある種類のコーヒーを持ち込みました。インスタントコーヒーが商業的に生産されていたのもその時であり、それにより豆の需要が増加しました。良好な市況のため、多くの農家は1960年代にコーヒーの栽培に戻りました。

しかし、コーヒー農園の突然の急増により、世界中で豆が余剰になり、地元のコーヒー生産者を保護するために、しばらくの間、コーヒーの輸入が禁止されました。 1970年代にブラジルが霜に見舞われたとき、世界市場のコーヒー価格は高騰しました。フィリピンは1980年に国際コーヒー機関(ICO)のメンバーになりました。

 

 

日本ではあまり馴染みのないフィリピン産のコーヒー豆ですが、このプロジェクトを通じて日本中にフィリピン産コーヒー豆をお届けできたらフィリピン人の私だけでなく、多くのフィリピン人農家も大変喜ばれると思います。

”日本の皆様に最高のフィリピン産コーヒー豆をお届けします”

 

 

 

プロジェクトを立ち上げたきっかけ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

コンサルティング業をやっていく中で私は、

2019年の10月頃にフィリピンでフィリピンのコーヒー豆を探してる2人の日本人と出会いました。

フィリピンのコーヒー豆を専門でやってるコーヒーファームやコーヒーショップ、カフェなどに案内をし試飲などもしました。

試飲中にフィリピンのコーヒー豆を飲んで喜ぶ2人の笑顔を私は忘れません。

フィリピンのコーヒー豆をこんなに喜んでいただけるのはフィリピン人の私にとってはとても光栄な事です。

フィリピンの味わい深いコーヒー豆とカカオ豆を日本中の皆様にお届けして笑顔を作りたいです。

 

フィリピンのコーヒー豆とカカオ豆が日本で売れるようになればフィリピンの農家の方々もきっと笑顔になります。

またフィリピンの農業にも貢献ができたくさんのフィリピン人にも職が生まれます。

 

 

 

 

 

 

プロジェクトの内容

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

皆様からいただいた支援で、北九州市小倉北区でフィリピン産コーヒー豆とカカオ豆の専門店をオープンしたいと思います。

 

私が提案するプロジェクトで皆様から頂いたご支援を利用し北九州市小倉北区で

「フィリピン産コーヒー豆とカカオ豆の専門店」をオープンさせたいと思っております。

フィリピンのコーヒー豆とカカオ豆を輸入して店内で挽きたてのコーヒ豆を使ったホットコーヒーの提供、挽きたてのカカオ豆を使ったホットチョコレートのドリンクやカカオ豆の味そのものを楽しめるチョコレートなどの提供をします。

またインターネット販売や企業様向けのアプローチなどを全国的にやる予定です。

既にフィリピンにあるコーヒー豆とカカオ豆のファームを何個か抑えており、このプロジェクトに対して前向きに協力をしてくれます。

このプロジェクトをキッカケにフィリピンのコーヒー豆とカカオ豆のファームを盛り上げていきコーヒー豆とカカオ豆の農家の皆さんに貢献をしたいです。

 

日本ではフィリピンと聞くとバナナやパイナップルなどを想像しがちですが、実は美味しいコーヒー豆とカカオ豆も取れます。

中でもカカオ豆は世界から注目されつつあります。

 

 

 

費用の詳細

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回のプロジェクトでの私の希望ご支援額は400万円となっております。

スタッフなどにかかる初期費用などを含めますと諸々あと150万円ほど必要となります。

見積もりで足りない分プラスREADYFOR様の手数料は私の自己資金を使用し今回のプロジェクトが実現、成功できるように努力に努めます。

このプロジェクトの成功はフィリピン人農家の方々への大きな貢献になると思っております。

 

 

※実施するにあたり必要な許可証等

本クラウドファンディングで実施するプロジェクトでは、履行のために開業届け、保健所の許可(飲食店営業許可等))、消防署への届出(防火対象物使用開始届)の許可・届出が必要となります。現在、既に許可申請、届出の手続きを進めており、本プロジェクト実施である2021年8月31日までには、許可申請・届出の見込みが立っております。(2021年3月1日現在)

 

 

プロジェクトの展望・ビジョン

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

フィリピンの農家と日本中に「OISHI」、「SMILE」をお届けしい。

 

今回のプロジェクトを通してフィリピン農家を盛り上げていきたいです。

日本中にフィリピンからの美味しいと笑顔をお届けしたいです。

今回のプロジェクトで立ち上げるカフェの売り上げの一部をフィリピンの農家の皆さんの支援にも当てたいと思っております。

支援することによってより多くの農家を元気付けることができフィリピンの農業がより盛り上がると思います。

農家のいる皆様の地域の発展などにもつながり職が生まれよりいい地域となります。

またそれがよりいい国づくりになることは間違いないと僕は思っております。

今回のプロジェクトを通じてフィリピンと日本の何かしらの架け橋になればと願っております。

 

 

 

リターンについて

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

リターンについて、ご支援頂いた皆様のリターンは今回のプロジェクトで取引先になる農家の皆さんが一つ一つ丁寧に作ったコーヒ豆、カカオパウダー、ドライマンゴ、チョコレート、バナナチップス、のEXPORT QUALITY(海外輸出可能なクオリティー)の

様々なクオリティーチェックや審査、検査を通った上品な物をお届けします。

リターンのパッケージの内容が価格によって異なりますがどれもいい物を揃えております。

味わって頂ければきっとフィリピンという国の見方も変わるはずです。

僕はそうと願っております。

 

パッケージの中身は異なりますが主に下記となります。

コーヒ豆

カカオパウダー

ドライマンゴ

チョコレート

バナナチップス

グリーティングカード(私とフィリピン農家の皆産からの感謝の気持ちの手紙)

 

 

プロジェクト終了要項

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


オープン完了予定日    
2021年8月31日

 

建築・改修場所    
北九州市小倉北区

 

建築・改修後の用途    
地域住民が利用できるカフェ、またはフィリピン産コーヒー、カカオ豆専門店

 

プロフィール

リターン

10,000

alt

フィリピン農家特産品セットA

・フィリピン産コーヒ豆 x1パック
・フィリピン産カカオパウダー x1パック
・ドライマンゴ x1パック
・グリーティングレター

フィリピン農家特産品のリターンを履行するためには、
食品等輸入届出書、食品等輸入届出済証が必要となります。
現在、既に食品等輸入届出済証の手続きを進めており、本プロジェクト実施である(2021年8月31日)までには、食品等輸入届出済証の見込みが立っています。(2021年2月23日現在)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年8月
このリターンを購入する

20,000

alt

フィリピン農家特産品セットB

・フィリピン産コーヒ豆2種(各1パック)
・フィリピン産カカオパウダー(x1パック)
・ドライマンゴ(x2パック)
・グリーティングレター

フィリピン農家特産品のリターンを履行するためには、
食品等輸入届出書、食品等輸入届出済証が必要となります。
現在、既に食品等輸入届出済証の手続きを進めており、本プロジェクト実施である(2021年8月31日)までには、食品等輸入届出済証の見込みが立っています。(2021年2月23日現在)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年8月
このリターンを購入する

30,000

alt

フィリピン農家特産品セット8

・フィリピン産コーヒ豆2種 (各1パック)
・フィリピン産カカオパウダー2種(各1パック)
・セブ島産ドライマンゴ(x2パック)
・バナナチップス(x2パック)
・グリーティングレター

フィリピン農家特産品のリターンを履行するためには、
食品等輸入届出書、食品等輸入届出済証が必要となります。
現在、既に食品等輸入届出済証の手続きを進めており、本プロジェクト実施である(2021年8月31日)までには、食品等輸入届出済証の見込みが立っています。(2021年2月23日現在)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年8月
このリターンを購入する

40,000

alt

フィリピン農家特産品セットD

・フィリピン産コーヒ豆3種 (各1パック)
・フィリピン産カカオパウダー3種(各1パック)
・フィリピン産カカオ使用のチョコレート2種(各1パック)
・セブ島産ドライマンゴ(x2パック)
・バナナチップス(x2パック)
・グリーティングレター

フィリピン農家特産品のリターンを履行するためには、
食品等輸入届出書、食品等輸入届出済証が必要となります。
現在、既に食品等輸入届出済証の手続きを進めており、本プロジェクト実施である(2021年8月31日)までには、食品等輸入届出済証の見込みが立っています。(2021年2月23日現在)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年8月
このリターンを購入する

50,000

alt

フィリピン農家特産品セットE

・フィリピン産コーヒ豆3種 (各1パック)
・フィリピン産カカオパウダー4種(各1パック)
・フィリピン産カカオ使用のチョコレート5種(各1パック)
・セブ島産ドライマンゴ(x2パック)
・バナナチップス(x2パック)
・グリーティングレター

フィリピン農家特産品のリターンを履行するためには、
食品等輸入届出書、食品等輸入届出済証が必要となります。
現在、既に食品等輸入届出済証の手続きを進めており、本プロジェクト実施である(2021年8月31日)までには、食品等輸入届出済証の見込みが立っています。(2021年2月23日現在)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年8月
このリターンを購入する

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

おいでよ葛飾!ウェルカムカツシカアートプロジェクト

ウェルカムカツシカアートプロジェクト実行委員会ウェルカムカツシカアートプロジェクト実行委員会

#特産品

26%
現在
2,642,000円
支援者
20人
残り
48日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする