クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

スリランカの有機転換農家のためのコンポストセンターを作る!

パルシック デニヤヤ駐在員 高橋 知里

パルシック デニヤヤ駐在員 高橋 知里

スリランカの有機転換農家のためのコンポストセンターを作る!
支援総額
856,000

目標 800,000円

支援者
49人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
2お気に入り登録2人がお気に入りしています

2お気に入り登録2人がお気に入りしています
2014年06月02日 15:31

デニヤヤでの毎日

アーユーボワン!(シンハラ語※で「こんにちは!」)

 

今日は、エクサ(有機紅茶生産者グループ)のメンバーのピヤダーサさんの家に最近生まれた子牛をご紹介します。つい1週間前に、2日に渡る難産の末、生まれたかわい子ちゃんです。

 

写真は出産後1週間ですが、すでに元気に茶畑の中を飛び回っていました。(写真は出産後1週間ですが、すでに元気に茶畑の中を飛び回っていました。)

 

お母さん牛のお腹の中での位置が通常と異なり(牛の場合でも逆子と言うのでしょうか?)、なかなか出て来られず、大変でした。地域の獣医さんに来てもらい、ようやく出産。

 

しかし、困難はこれで終わらなかったのです。ふつうは出産後に人間が子牛に近づくとお母さん牛は警戒して怒ります。出産直後のお母さんと子牛に余計なストレスを与えてはいけないと思いつつも、私はいつも近寄りすぎて「フーフーッ」と怒られています。しかし、このピヤダーサさんのお母さん牛は、出産直後に病気になってしまい、お乳の出が悪く、子牛を自分に近寄らせないという状況が続きました。子牛がお母さん牛に「ミルクを飲みたいよ!」と近づくと子牛を蹴ろうとしたのです。

 

今現在は、地域の獣医さんに見てもらい、さらに牛に詳しいエクサのメンバーのおかげでどうにか治り、子牛も元気です。

 

近所の子供も一緒に。
(近所の子供も一緒に。)

 

この子牛は女の子でしたので、将来万が一ピヤダーサさんが餌を集めたりする負担が大きくなったとしても、近隣の酪農家に譲ったりすることができます。しかし、雄牛の場合はなかなか譲り先もなく、さりとて肉屋には売れません。この地域の農家は仏教徒ですが、昔から牛は非常に大事な働き手で家族の一員と考えています。ですので、自分達で牛肉を食べることはまずありませんし「自分の家で面倒を見ていた牛を肉屋に売るなんて、かわいそう!!」と言います。雄の子牛の面倒が負担だという問題が上がってきたとき、私が最初に「肉屋に売りましょう!」と言ったときに、おじちゃん、おばちゃんたちが見せた「この子はなんて残酷なことを言うの!」という表情は忘れられません。

 

アショーカさんの息子は、自分の牛小屋を作って見せてくれました。(アショーカさんの息子は、自分の牛小屋を作って見せてくれました。)

 

写真3のアップ。牛が水を飲んでいます。
(牛小屋のアップ。牛が水を飲んでいます。)

 

※シンハラ語とは、スリランカの公用語の1つで、主にシンハラ人によって使われている言葉です。スリランカは多民族国家であり、シンハラ、タミル、ムスリムなどの異なる言語、文化を持つ人々が住んでいます。なお、デニヤヤ地域で紅茶生産をしている小規模農家はほぼ全世帯シンハラ人世帯です。
 

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

活動報告書
参加農家からの直筆レター(日本語訳付)

支援者
12人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

活動報告書
スリランカ産 アールグレイ紅茶 3袋
参加農家からの直筆レター(日本語訳付)

支援者
29人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

活動報告書
スリランカ産 アールグレイ紅茶 5袋
リサイクルサリーのエコバッグ
参加農家からの直筆レター(日本語訳付)

支援者
4人
在庫数
制限なし

50,000円(税込)

活動報告書
スリランカ産 アールグレイ紅茶 5袋
東ティモール産 コーヒー 3袋
リサイクルサリーのショルダーバッグ
参加農家からの直筆レター(日本語訳付)

支援者
4人
在庫数
制限なし

100,000円(税込)

活動報告書
スリランカ産 アールグレイ紅茶 5袋
東ティモール産 コーヒー 3袋
リサイクルサリーのショルダーバッグ
参加農家からの直筆レター(日本語訳付)
「おいしい紅茶のルーツを訪ねる旅」現地旅費(スリランカ国内でかかる費用のみ。東京⇔コロンボの航空券代、サーチャージ、空港使用料などは負担していただきます)

支援者
2人
在庫数
1

プロジェクトの相談をする