COSMA HAULE コスマ・ハウレ
リザボニ中学校2年 女子
コスマの母親は、彼女が生まれて間もなくエイズによる病気で亡くなりました。父親のことは分かっていません。HIVに母子感染して生まれた彼女を引き取り、育ててくれた祖母は、しかし高齢で貧しく、十分な食事も寝床も衣服も、コスマに与えることができませんでした。6歳の時にSWACCOに預けられて以来、健康状態は回復し、毎日元気に通学できるようになりました。読書と料理が好きで、年下の子たちの面倒をよく見る優しい女の子です。将来の夢はファッション・デザイナーです。


MAJUTO NDUNGURU マジュト・ンドゥングル
ルワワシ中学校1年 男子
マジュトの母親も、出産後すぐに病死しました。父親は妊娠を知って彼女の元を離れ、貧困と病と孤独に苦しんだ母親がつけた名前マジュトは、スワヒリ語で『後悔』という意味です。祖父による養育の後、叔母に引き取られ、そこで過重な労働を強いられました。極度の発育不全を心配した隣人の訴えで5歳
の時にSWACCOに保護されました。11歳で洗礼を受け、教会からエマニュエルという名前を与えられましたが、「たった1つのママの形見、産んでもらったことを後悔しないように」と、マジュトを名乗っています。

 

新着情報一覧へ