READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
成立

戦争体験のない学生が戦没者遺骨収集を通して平和について考える

戦争体験のない学生が戦没者遺骨収集を通して平和について考える

支援総額

111,000

目標金額 100,000円

支援者
17人
募集終了日
2016年2月15日
プロジェクトは成立しました!
7お気に入り登録7人がお気に入りしています

7お気に入り登録7人がお気に入りしています
2016年02月05日 09:29

関東・関西で勉強会を実施しました!


1月16日、17日に京都府内の大学と都内の大学で2月15日~22日に実施する沖縄県戦没者遺骨収集活動の勉強会を実施しました。
関西、関東共に午前中は資料館見学、午後から勉強会を行いました。

戦没者の家族に対する想いの詰まった手紙や日本を背負って戦った御霊の軍服などの遺留品の存在や建物疎開が存在した事実であったり、沖縄戦での価値観であったりとその他にも今まで知らなかった多くの事を知ることができ、知識を身につけながらもより一層活動に向けて、隊員同士お互いに意識を高め合うことができました。
今回の隊は、『過去を知り、今を考え、未来をつくる』というコンセプトを掲げています。
改めて、過去を知ろうとする気持ちやそれらを吸収し、これから伝えていくということが大切だと全体で認識しました。
また勉強会の中であった、『過去があるから今がある。今があるから未来がある』という言葉もこれから今を生きている自分は何をするべきなのかと考えさせられる機会となりました。

勉強会で沖縄戦や第二次世界大戦の戦史を学んだ上で、遺骨収集活動に大切な知識でもある、骨の構造なども学ぶことができた為、少し、また少しと活動日が近づいていることを肌で感じました。

これから活動までの期間、当日の活動をより良いものにするために、ひとりひとりが今できることは何かを多面的に考え、活動に向けた準備を進めていきたいと思います。
一覧に戻る

リターン

3,000

alt

現地からのサンクスレター

●活動報告メール
●現地からのサンクスレター
●IVUSA広報誌「We Do More」

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年3月

5,000

alt

活動のフォトブック

●活動報告メール
●現地からのサンクスレター
●IVUSA広報誌「We Do More」
●活動のフォトブック

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年3月

7,000

alt

沖縄県平和記念資料館図書

●活動報告メール
●現地からのサンクスレター
●IVUSA広報誌「We Do More」
●活動のフォトブック
●沖縄県平和祈念資料館図書

支援者
4人
在庫数
16
発送予定
2016年3月

10,000

alt

沖縄隊オリジナルTシャツ

●活動報告メール
●現地からのサンクスレター
●IVUSA広報誌「We Do More」
●活動のフォトブック
●沖縄県平和祈念資料館図書
●沖縄隊オリジナルTシャツ

支援者
6人
在庫数
4
発送予定
2016年3月

プロジェクトの相談をする