こんにちは。JASP(全国学生プロジェクト)の広報サポートをさせていただいている福本です。

今回はいよいよスタートしたJASP【47都道府県タスキリレー】のこれまでとこれからについて書かせて頂きます。

 

JASPは、11月からこれまで3回にわたり合計約90㎞に渡るタスキリレー・プレイベントを行ってまいりました。それぞれを実際にJASPの福島メンバーや福島大学の学生たちで走り、それぞれ成功を収めました。

「みんなでつながっているという感じがする」

などの声も多かったそうです。

このような想いを全国の方々と共有しながら、2月15日から3月11日にかけて全国47都道府県をタスキリレーでメッセージを回って集めて来るのが、

「47都道府県タスキリレー」です。

 

その志の高さからいくつかの新聞でもこれまでのプレイベントが取り上げられました。全国の福島への『想い』をつなげるプロジェクトであるが故に地元の期待も大きいです。

2月8日に行われたタスキリレー出発式の様子です。雪が積もっている中でも、全国を巻き込んでくる、これからの本番のためのとても熱い宣誓をしました。

取材をうけるJASP代表の佐藤宗さん。タスキリレー出発式の様子は、NHK福島版、KFB福島放送、福島テレビ、テレビユー福島にて、放送されました!

タスキリレーの出発地点へ向かうメンバーたち。太平洋側組と日本海側組の二手に分かれて47都道府県の想いを集めて参ります。

 

 

3年生の石川くんは、

「全国の福島へのメッセージを集めて回り、復興へのエネルギーとするとともに、震災から1年が経とうとしている今もう一度震災について考えてもらえるきっかけを提供したい。」

と語っていました。

あまり直接的な解決策ではないかもしれませんが、

「全国の福島への『想い』を集めて、福島に届けること」

「全国に福島について考えるきっかけをあたえること」

「学生という若い力でこんなにも大きなものを成し遂げられると示すこと」

はいつか福島復興に向けてとても大きな力になっていくことでしょう。こんな彼らの高い志を実現させるためにもどうかご支援・ご協力のほどよろしくお願いします。

また3.11全国学生プロジェクトブログhttp://ameblo.jp/3-11jasp/では全国のJASPメンバーの活動報告が掲載される予定ですのでご覧になってください。

それでは。

福島復興支援団体【Link with ふくしま】

福本知也

ブログ:http://link-with-fukushima.blogspot.com/2012/02/jaspin-fukushima.html

facebook:Link with ふくしま

twitter:@linkwithfksm

新着情報一覧へ