さらなる美味しさの追求

レストランのプレミアム百や伏見稲荷のお土産屋さんにおいて、ドレッシングのテスト販売を行い、酸味の調整や容器の変更など、たくさんのお客様の感想を頂きました。

 

私たちの使命は地元の役にたつこと。耕作放棄地の増加や農家の高齢化など、京都市内最大規模の農地でありながら課題が多く存在する地元のために、地元産のお米で作ったドレッシングで地元のお野菜を食べてもらう。そして、世界と地元をつなぎたいと思っています。

黒米の甘酒を使ったドレッシングはほんのりと甘酒の風味がある上に、黒米のこくがしっかりと感じられる一品です。また甘酒は飲む点滴と呼ばれるくらい豊富な栄養成分が含まれており、美容と健康への効果も期待できます。

 

 

サラダはもちろんですが、他にもこのドレッシングを美味しく食べてもらう方法を

紹介します。

①玉ねぎのマリネ

玉ねぎを米の花小町ドレッシングであえてマリネを作ります。ハムやフランスパンにのせて食べると美味!

 

②かき揚げのつけだれ

油っこい天ぷらがさっぱりした味わいになります。

 

 

③モミきゅうりにあえて

夏場にはもってこい。いくつでも食べられます。

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています