READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
成立

ブータンの子供たちを日本へ!柔道を通し国際交流を実現したい

堀内芳洋(ブータン柔道協会)

堀内芳洋(ブータン柔道協会)

ブータンの子供たちを日本へ!柔道を通し国際交流を実現したい

支援総額

1,632,000

目標金額 1,300,000円

支援者
144人
募集終了日
2015年10月12日
プロジェクトは成立しました!
7お気に入り登録
7人がお気に入りしています

7お気に入り登録
7人がお気に入りしています
2020年02月22日 03:25

テレビ放送のお知らせ

8月に行われた世界選手権からだいぶ間が空き、報告が遅くなってしまいました。
ブータンで柔道コーチをしておりました、堀内です。
 
 
2019世界柔道選手権東京大会は150以上の国々からの参加があり、オリンピックと同じ日本武道館で開催されました。今回はオリンピックのテスト大会としての位置づけだったようで選手たちは(私も)その規模に圧倒されていましたが、何とか計量をパスし、試合に挑みました。
 
 
-60kg級 Ngawang Namgyel(ブータン在住)
-66kg級 Kinley Tshering(星槎道都大学に留学中)
-73kg級 Tandin Wangchuk(星槎道都大学に留学中)
 
 
結果は、3人とも初戦で敗れてしまいましたが、Ngawangはヨーロッパ圏の選手(ブルガリア、世界ラング49位)相手に試合時間4分を戦い抜き、技ありを取られたことによる優勢負けとなりましたが、よい動きを見せていました。
 
 
 
 
この世界選手権の機会に、日本スポーツボランティアネットワークというスポーツにおけるボランティアを推進している団体に記事を掲載していただきましたので、紹介します。
 
 
 
 
 
 
その後、12月にネパールで行われた南アジア大会では、この3選手が念願の銅メダルを獲得し、ブータンの柔道が着実に力をつけていることがわかりました。
 
 
 

一方、ブータンではコーチのPema Dargeyと私の後任の歌代くんががんばっています。首都ティンプーの街の中心近くにある学校Zilnon Namgeyling Secondaly School内での指導も始まり、ブータン柔道の裾野は広がりを見せています。(写真はデモンストレーションを行った時の様子)
 
 
 

このように、皆さまのご支援を受けて実現した2016年3月の日本遠征から大きく成長を遂げている「ブータン柔道」ですが、この度、テレビ番組に取り上げられることになりましたのでお知らせします。
 
 
実は日本遠征の時から取材は始まっていたのですが、ブータンでのロケがなかなか実現せずに月日が経ってしまいました。しかし先月、ようやくブータンでの取材が実現し、4年越しで放送されることになったのです。
 
 
ブータンの道場、ブータンの風景、ぜひ皆さまにご覧いただきたいと思っています。
 

番組ウェブサイト BSフジ『JUDO』

2月22日(土) 18:30~18:55 前編
2月29日(土) 18:30~18:55(再放送)
3月7日(土) 18:30~18:55 後編
3月14日(土) 18:30~18:55(再放送)
 
 
それから現在活動中の歌代くんの任期が今年10月までなので、次にブータンの柔道のコーチとなる方の募集が始まりました。
 
 
JICA海外協力隊(ブータン/柔道)募集内容
 

この番組を見て、「我こそは」という方が現れるとうれしいです。
 
 
2019世界選手権大会東京テレビ放送のお知らせ2
一覧に戻る

リターン

3,000

・生徒のメッセージ入りサンクスレター
・ウェブサイトにお名前掲載

支援者
68人
在庫数
制限なし

10,000

・お好みの画像でブータンオリジナル切手を作成
・生徒のメッセージ入りサンクスレター
・ウェブサイトにお名前掲載

支援者
69人
在庫数
制限なし

30,000

・ブータンの民族衣装の布を使った手づくりバッジ
・お好みの画像でブータンオリジナル切手を作成
・生徒のメッセージ入りサンクスレター
・ウェブサイトにお名前掲載

支援者
7人
在庫数
制限なし

50,000

・ブータン柔道協会オリジナルTシャツ
・ブータンの民族衣装の布を使った手づくりバッジ
・お好みの画像でブータンオリジナル切手を作成
・生徒のメッセージ入りサンクスレター
・ウェブサイトにお名前掲載

支援者
2人
在庫数
制限なし

100,000

・遠征時の横断幕にお名前または会社名を掲載
・ブータン柔道協会オリジナルTシャツ
・ブータンの民族衣装の布を使った手づくりバッジ
・お好みの画像でブータンオリジナル切手を作成
・生徒のメッセージ入りサンクスレター
・ウェブサイトにお名前掲載

支援者
3人
在庫数
制限なし
プロジェクトの相談をする