日本遠征(その後)

長くなりましたが、以上が日本遠征とその後の出来事です。たくさんの皆さまとの出会いにより夢が実現し、私たちは本当に幸せです。ありがとうございました。

 

そしてもう一つ、「国内に対戦相手のいないブータンの子供たちのために、日本に遠征して大会出場の夢や柔道を通した国際交流を実現したい」ということで始めた私たちのプロジェクトですが、日本への遠征計画と同時に、ブータン国内にふたつめの道場をつくろう、ということも真剣に考えて取り組んできました。その結果、日本からリサイクル畳をいただき、小さいながらも空手協会の使っているテナントをシェアして、ブータンふたつめの柔道場を5月にスタートさせることができました。まだまだ始めたばかりで、週に一回だけ畳を敷き、近くの小さな子どもたちを集めて体を動かしている程度ですが、少しずつ規模を大きくして、いずれは道場対抗戦ができるようになればと願っています。

 

残念ながら私の任期は2年間で、今月末には日本への帰国が迫っているのですが、今後の夢は後任に託し、日本からブータンの柔道を見守っていきたいと思っています。

 

皆さま、ご支援を本当にありがとうございました。これからもブータンの柔道を応援してください!

 

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています