まず一枚の板にコンパスや定規を用い製図をおこしていきます。

 

これをヴァイオリンの内枠といい、最も大事な部分になります。

新着情報一覧へ