プロジェクト実施ご報告

ご支援いただきましたプロジェクト「ニューヨークの『100人展』に、日本独自の木版画を展示したい」を実行する時がとうとうやってきました!

 

作品の搬入は到着した日にすませていたので、ドレスアップして、開始時間直前にギャラリーへ。

 

日本の感覚でいうと、けっこう面積のあるギャラリーなのですが、アーティストや関係者、お客さんで、すぐにフロアはいっぱいになりました。

 


私は自分の作品の前に陣取って、"This is my work. I'm going to have two shows in next year. please come, if you can" と笑顔で言いながらフライヤーを手渡しました。Wood block print の説明もしたりしました。

 


作品は、入り口近くの上の段、目立つところにディスプレイされていました。

 

セルフィーが欲しい...f^^;

 

ドレスは、友人のデザイナー、ニューヨークを拠点に活動する Princess Hiromi の作品。この日のために、コーディネートのアドバイスもいただきました。

 

 

上の写真の真ん中に写っているMandyは、8月に日本へ遊びに来るとのことで、あなたの展覧会をやっている? ときかれました。
実は渡米する直前に、8月のグループ展の予定が入っていたので、お知らせするためのメールアドレスをもらいました。日本で再会できるのが楽しみです。

 

と、このような感じで、30人くらいでしょうか、フライヤーを手渡しすることができました。何人かはこのギャラリーの常連で、必ず行くよ!とお返事をいただきました。

 

また、オープニングイベントの一つとして、人気投票があったのですが、最終的に7つ星をいただくことができました。ありがとうございます。

 

 

今回、ご支援いただいたみなさまのおかげで、海外のギャラリーで自分自身でプロモーションを行うという夢をかなえることができました。あらためて、お礼を申し上げます!

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています