こんにちはTsuneko Neupaneです♪

本日もギャノダヤ学校からの便りです。

ギャノダヤ学校では午前10:00から1-10年生の朝礼が始まります。

生徒数が2000人ぐらいいるのでどうしても全員が校庭に入りきらないため、いくつかの学年は教室の窓から朝礼に参加します。

私がいつもびっくりするのは公立学校でしかも、こんなに人数がいてもとても規律が正しいこと。

ほかの公立学校では類を見ません。

 

 

教室ごとに見学に行かせていただいても、その規律の正しさに目を見張ります。

そして、英語教育もなかなかのもので英語での挨拶がすらすらとできるのです。

この学校から卒業して、将来ネパールの国に大きく貢献できる人材が生まれることを期待します!!

 


ずっと、竹で作った仮説校舎を使っています。

これからかなり冷える季節になるので心配です。