皆様、こんばんは。

「READYFOR」にて164万円を募ることができる期間も残り8日と期限が迫ってまいりました。
現時点で、まだ85万5千円の支援が足りていません。

挑戦期限は7月29日。

どうか応援してくださいませんか。
 

 

本日投稿いたします動画の女の子は、家計が厳しいために学資支援を受けながら学校に通っているリトゥちゃんです。
 

 

リトゥちゃんは、ネパール、カブレ郡に住む12歳。歌やダンスが好きで、将来は看護師になりたいと思っています。

 

おじいさん、お母さん、お兄さんたちと暮らしています。お父さんと一番上のお兄さんは、仕事を求めて国外に出稼ぎに出ているためなかなか会うことはできません。

お母さんは仕立て屋さんを営んでいますが、家計は厳しく、リトゥちゃんの学校にかかるお金をねん出することをとても難しく感じています。試験費用や文房具を買うお金がないためにせっかく通っていた学校を辞めなければならないかもしれない…リトゥちゃんは、ネパールに多くいるそういう子どもの一人でした。

 

リトゥちゃんは6年生のとき、中退しなければならないかもしれなかったところ、学費支援を受けることができたおかげで1年学校を続けることができました。今7年生になったリトゥちゃんは、学校に通い続けられていることを本当にうれしく思っています。
 

お母さんも、リトゥちゃんの夢を応援してくれています。
「女の子もちゃんと学校に行って、良く勉強をしなさい。将来仕事に就くためには今ちゃんと勉強をしないといけないのよ」と、学校に送り出してくれるそうです。

 

ADRA Japanでは、このような家計が経済的に厳しいネパールの子どもたちに毎年100人対し、学費の支援を行なっています。しかし、現在、30人分の子どもたちが学校を続けられるよう支援するだけの164万円が足りていません。「READYFOR」にて支援の呼びかけをお願いしていますが、まだ85万5千円足りていません。

 

挑戦期限の7月29日まで、あと一週間をきろうとしています。7月29日(金)午後11:00までに達成しないと、これまでに集まっているご支援も全額返金となってしまいます。
 

学費支援を受けている子どもたちはとても勉強熱心です。教育を受けることは、将来の夢に近づくことができます。どうか、日本の子どもたちと同じように、中退せずに学校に通うことを応援していただけませんか。
 

皆様のご支援をどうかよろしくお願いいたします!

新着情報一覧へ