2016.12熊本震災応援ライブ後、オーナーの宍戸さん、出演者、応援に来た九州フラメンカスと

 

 

プロジェクトが公開されて早いもので2か月が経過し、公開期間も残り2日となりました。あらためて「フラメンコ」というまだまだ日本ではメジャーとはいえない文化にこれだけのご支援を頂いている事に感動しています。ありがとうございます。

 

「九州へ戻り地域の為に何かしたい」を「しなくては」に変えた大きなきっかけは2016年4月の熊本・大分地震でした。東日本大震災を経験した私にとって、傷ついた九州の風景や怯える家族・友人の姿に胸が痛みました。

プロジェクトが公開された直後の12月23日に日本フラメンコ界の歌姫、今枝友加さんのよびかけによる熊本震災応援ライブに出演させて頂きました。

フラメンコスタジオのオーナーである宍戸由紀枝さんの「まだまだこれから。頑張ります。」という言葉、福岡、大分各県から応援に集まった九州のフラメンコ人の優しさと団結力にこれからの九州、フラメンコの未来が見えたような気がしました。

 

さて、これから、の九州フラメンコですが、4月23日に佐賀市にて「佐賀フラメンコフェスティバル」が開催され九州各県から歌い手、ギタリスト、踊り手が集結し、また地元の皆さんの大セビジャーナス(アンダルシアのフォークダンス)など一緒に踊り歌いフラメンコを分かち合います。私も踊り手として、そしてつなぐ会も佐賀・九州フラメンコの活性化に微力ながら協力していければと思います。http://flamenco.saga.jp 現在出演者、協賛団体募集中。詳細HPご覧くださいませ。

 

また東京で活躍するミュージシャンの方々とも連携し、九州での公演に連動したワークショップ企画など「ひとりでは難しいけれどみんななら出来る事」に挑戦していこうと思います。

 

このプロジェクトをきっかけに、フラメンコの持つ人を熱くするエネルギーが広がっていきますよう。「人と人をつなげる」ためのあともう少し。あと2日間、皆様のご支援をどうぞ宜しくお願いいたします。