クラウドファンディングってどんなものだろう、と問い合わせメールをしてからちょうど3か月。長いようであっという間のファンディングもあと1時間を残すのみとなりました。

思えばダンサーである私が畑違いのギターの普及活動を志す事も、東京にいながら九州への支援をお願いする事も、その手段としてクラウドファンディングを利用させて頂いた事も、そして何よりこのような前代未聞の挑戦に100名を超える方々が日本全国、海外からも関心を寄せて頂き、心を届けてくださった事も。全てが奇跡のように、ひとつなぎの長い夢のように思い返しております。

いつも私を支えてくださる皆様、お会いしたことがないけれどフラメンコの為に、一肌脱いでくださった皆様、フラメンコとは全く関りがないにもかかわらず、協力してくださったふるさとの皆様、関わって頂きました全ての皆様にこの場をお借りしてあらためてお礼申し上げます。素晴らしい奇跡をありがとうございました。

 

これからはいよいよ頂きましたご支援をしっかり活きたものにする事が自分の使命と思います。ファンディングを通してヒトの中にある思いやりや優しさ、真心というものに沢山触れ、あらためてひとりではできないことが人がつながる事で可能であるという事を自分自身が信じる事ができるようになりました。

フラメンコというアルテ、芸術文化を通して、これから多くの人がつながり、宝石のように美しい瞬間を生み出していくお手伝いに身を捧げる所存です。

 

皆様本当にありがとうございました。

 

おおいたとスペインをつなぐ会

太田マキ

 

新着情報一覧へ