プロジェクト概要

 

いよいよ本日終了となりました。

本プロジェクトはAll or Nothingのため、

15万円に満たなければ1円も資金を受け取れません。

是非とも最後まで応援よろしくお願いいたします。

 

 

食の可能性、食の大切さを伝えたい

 

皆さん初めまして、飲食業界に20年間携わり、2018年の1月から岡山県全域で移動販売のPIZZA cotarouを始めた平岡啓友と申します。

 

私はこの移動販売を通して数ヶ月の間に本当に多くの人たちと出会ってきました。その中でもこれから未来を担う子どもたちと出会い、食を通して笑顔になる姿を見ると、大げさですが生きててよかったとさえ思いました。

 

しかし、社会には外でご飯を食べることができない子どもや食について学べる環境にない子どももたくさんいます。そこで今回そういった子どもたちにピッツァ作り体験を通して、食の可能性や食の大切さを伝えていきたいと考えております。

 

まずは第一弾として今年の夏に岡山聖園子どもの家(児童養護施設)で子どもたちと一緒にピッツァ作りをおこないます。しかしそのために食材費や人件費などが不足しており、今回クラウドファンディングに挑戦させていただくことになりました。

 

 

 

食を通して人を笑顔に

 

私自身、飲食業界で20年間働いてきましたが、その中で非常に多くのお客様や仲間たちに恵まれました。飲食は人を幸せにするとよく聞きますが、これは正真正銘の事実であり、人と人を繋いでくれる大切な存在だと確信しています。

 

そんな幸せな環境で、飲食業に携わってきたわけですが、飲食を通してもっと多くの人と出会いたい、もっと多くの笑顔を生み出していきたいと思い始めました。

 

それが移動ピッツァを始めた理由ですが、実際にそれを始めてみてわかったことがあります。それは地域ごとに特徴があって、色々なお客様がいるということです。そしてなにより、たくさんの子どもたちと出会えるという点です。

 

固定のテナント営業では決して出会えなかった子どもたちに出会えたことは、とても刺激的で更に言えば、食を通して子どもたちに笑顔になってもらえるという体験は私にとってなにものにも変えられない幸福を与えてくれました。また食材にこだわっている私には、子どもたちに出会えることは食の大切さを伝えることができる非常に大切な機会です。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

しかし同時に、移動式営業でも出会えない子どもたちがいるという事実もありました。それは児童養護施設の子どもたちです。様々な理由で親元を離れ施設で暮らしている子どもたちは自己肯定感が低い子も多いのです。

 

いつの間にか「すべての子どもたちに食を通して笑顔になってもらいたい」ということがテーマになっていた私は、知人である岡山聖園子どもの家のスタッフさんとコンタクトを取り、その施設の子どもたちと一緒にピッツァを作る料理教室を開催させていただくことになりました。

 

最初は何もできない人間だった私が、いまは食を通して微力ながら人を笑顔にできるようになれたのは、「自分が作ったもので人が笑顔になった」という体験があったからだと思っています。

 

児童養護施設の子どもたちと一緒にピッツァを作るという企画にしたのは、食を通して誰かの笑顔を生み出すことができるということを知ってほしいと思ったからです。私ができることは小さなことかもしれませんが、少しでも子どもたちの自信に繋がることを信じて、全力でこの企画に取り組みたいと思っております。

 

 

 

児童養護施設の子どもたちとピッツァ作り体験イベント実施します!

 

今回のプロジェクトでは児童養護施設の子どもたちとピッツァ作り体験イベント実施します。食の楽しさ、大切さ、誰かのために料理を作る嬉しさを体感してもらえたらこれ以上嬉しいことはないです。そしてそれを仲間や友達と共に体験していくことに大きな意味があると信じています。

 

イベント日時:2018年夏(新着情報で具体的日程をお知らせします。)

場所:岡山聖園子どもの家

子どもの人数:約40人

タイムスケジュール

9:00 搬入

10:00-12:00 ピッツァ生地作り・トッピング・焼き

12:00 食事開始

体験内容:一人一枚ずつピッツァ生地を平らにし、ソースや具材を自由にトッピング。それを私が一枚ずつ石窯で焼きます。出来上がりを待っている間などに食材についての勉強会を行ないます。どこの地域のどんな人たちがどんな方法でどんな思いで作っているのかなど、できる限り食育も交えたイベントにしたいと考えております。

 

 

 

将来を担う子どもたちのためにできることを。

 

私は息子たちと同年代の子どもたちへおいしいピッツァを食べてほしいという思いが強くあります。食が豊富にあるこの時代だからこそ、楽しさや大切さを肌で感じて欲しいと思っています。だからこそ、今回だけに限らず継続的に活動していくことを目標にしています。今回は児童養護施設での開催になりますが、病院などで入院している子どもたちと一緒にピッツァを作るという企画もしていきたいと考えています。

 

「かわいそうだから」や「つまんなそうだから」と言った理由ではありません。とにかくひとりでも多くの子どもたちが平等に、食を通して笑顔になってほしい。そしてなにより子どもたちに、目一杯楽しんでもらいたいと考えております。

 

そのためにはまず第一弾のこのプロジェクトを成功させる必要があります。どうか皆様のご支援をよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

資金使途について

 

飲食の仕入れ:40,000円

交通費:5,000円

人件費:30,000円

リターン準備費・郵送費・手数料(税込):77,540円

 


最新の新着情報