こんにちは。
プロジェクトリーダーの宮地祥子です。
クラウドファンディングも残り1週間となりました。
499,500円のご支援をいただき、50万円まであと500円。
目標金額78万円に対して64%リーチしております。
これまでのご支援・応援メッセージ本当にありがとうございます。
最後まで、目標達成に向けて努めてまいります。

さて、今日は寒い日ですが日差しは春のようですね。日没も少しずつ長くなってきたことを最近は実感しております。
紫外線が強くなるピークの5月まであと2ヶ月程となってきました。
今朝もアロマエキス&アロマオイルミルクローションを塗って、帽子を被って、しっかりと紫外線対策をして外出しました。

お肌の老化の原因は、人間の体自体のエイジングによる老化と紫外線の光による老化と2種類あります。

エイジングによる老化は20%

光老化による老化は80%


そう、つまりアラフォーからお肌の曲がり角だから水分が減ってくると言われながら、それは原因の20%の部分。

残りの80%は光老化。紫外線によるダメージです。
紫外線をわずか数分間浴びても肌はダメージを受けます。しかも紫外線を長年浴び続けることで、シミ、シワ、たるみなどを引き起こしてしまいます。

肌に悪影響を及ぼす紫外線には、UVAとUVBがあり、

UVAは、しわ、たるみの原因に。
肌の真皮にまで到達し、肌のはりを保っているコラーゲンとエラスチンという2つの繊維を壊す酵素を増やして、コラーゲン繊維は小さく切断され、エラスチンは変性されてしまいます。このため皮膚は弾力を失ってたるみ、シワを作っていきます。

UVBは、シミの原因に。
肌の表皮にあるメラニン細胞を活性化させて多量のメラニンを生成させる作用があります。
表皮細胞の遺伝子に傷をつけるのでシミの原因になるというわけです。
波長が短いため肌の真皮にまで直接は届きませんが真皮にある肌のハリを保っているコラーゲン繊維を壊すコラゲナーゼという酵素の働きを高めて、間接的にシワの原因になります。 

コスメだと、UVAはPAのプラスマークの数で、UVBはSPFの数値で紫外線カットの効果を表します。
光老化を防ぐこと、紫外線をカットすることができれば、肌の老化は80%遅らせることができるというわけです。シミやしわは、長年の紫外線によるダメージです。長年の蓄積によってできるものです。

そして、肌の老化を加速させるものがあります。
それが『糖化』です。

「糖化」とは、タンパク質や脂質が体内にある「糖」と結びつく現象の事です。

体内のタンパク質や脂質は、血液中に余分な糖分があると結びつき、老化を促進させる物質である「糖化生成物」(AGEs)を生成します。

この「糖化生成物」は、1度できてしまうと改善が難しく、体内に蓄積されて、肌全体を黄色くくすませて老化を促します。
シワ・たるみを増やすことにつながります。

糖化を防ぐには、糖化を促進する食べ物を食べない、少量にすることです。
白砂糖を使ったお菓子や清涼飲料水、炭水化物などが代表的です。

そこで、血糖値の上がりにくいGI値の低い食品をおすすめするわけです。


先日紹介した13000円リターンの中にあるプルーンはGI値が29と非常に低く、自然な甘さで、食物繊維も豊富で噛みごたえもあります。
また、抗糖化作用のある食べ物としては、ショウガ、よもぎ、どくだみ、キャベツ、食物繊維の豊富な食品です。

どくだみ茶や春キャベツのサラダなどで抗糖化対策はいかがでしょうか。
抗酸化作用のある栄養素ビタミンCは、抗糖化作用もあります。

プルーンには、ビタミンC、食物繊維も豊富なので、ミラクルフルーツとも呼ばれています。

シミ・シワ・タルミが気になってくるアラフォーからの世代、外側からのUVケア、内側からの抗酸化・抗糖化対策を意識することで、肌が変わってきますよ。

新着情報一覧へ