いつもせいぼじゃぱんの応援ありがとうございます。

そして、私達の学校給食に共感してご支援してくださった支援者のみなさま、本当にありがとうございます!

 

READYFORさんでのクラウドファンディング挑戦期間も、残す日数が26日となりました。

正直、なかなか拡散力が乏しいので、広告チラシの配布をスタートさせました。広告チラシを配る中で、沢山の方からアドバイスや温かいお言葉をかけていただける度にマラウイの子ども達の笑顔を思い出しています。

 

そこで、みなさまにマラウイでの給食をご紹介しようと思いました!

マラウイでの一般的な学校給食のパーラです。

 

では、パーラとは?
とうもろこしと大豆を粉末にしたものを煮たものです。味はお粥のような味で食べやすくするためにお砂糖を少し加えたりします。
私達が子ども達に提供していくパーラは、Likuni Phala(リクニ パーラ)といって、ビタミンとミネラルを多く含んでいますが、冷めてしまうとパーラが固まってしまうので、熱いうちに食べた方が美味しいです。

 

私達は、学校給食というと肉や野菜、バランスの良い献立を思い出しますが、マラウイでの一般的な給食はこのパーラなのです。

でも、学校で食べるこのパーラだけが、1日の食事という子どもも少なくないのが現状です。

日本のお米や他の栄養価の高い食べ物を食べてもらおうとしたところで、それは文化の違いから私達の押しつけになってしまいます。

文化の違いって、受け入れる方も受け入れてもらう方もなかなか難しいですよね。

みなさまにお届けしたいマラウイの情報は、このパーラでさえ食べる事が出来ない子ども達がたくさんいるという現実です。

いつ食べたのかはわかりませんが、鍋にこびりついていた食べ物の残りをスプーンで一生懸命とっていた子どもの姿。そんな状況下におかれていても、子ども達は笑顔を忘れません。

 

どうか私達と一緒に子ども達にパーラを届けていただけませんでしょうか。

引き続きご支援ご協力いただけますようどうぞよろしくお願いいたします。

新着情報一覧へ