プロジェクト概要

【目標金額の達成とネクストゴールについて】


皆さまの暖かなご支援のおかげで、無事88万円という目標に到達することができました。本当にありがとうございます!

 

このプロジェクトの意義や皆様の期待に応えることができるよう、
今後も精進し、製作に励んでまいります。

 

これまでにご支援頂きました88万円は、手数料やリターン費用などの諸経費を除いた全てを、今回のプロジェクトで製作しているゲーム、サモン・ミリタリーの開発費用に充てさせていただきます。

 

さて、次の目標金額としては、120万円を掲げさせていただきます。


大きな目標ではありますが、こちらの金額を達成することで、


・3Dキャラクターの表情差分作成
・アニメーション作成支援アセットを購入・使用することにより、必殺技カットシーンをより豪華に
・3Dキャラモーションの追加発注により、リターンの3Dモデルをより豪華に

 

と、上に挙げた3点の追加発注をすることが可能になり、「サモン・ミリタリー」のクオリティアップにつながります。

 

今回のネクストゴールを達成し、3Dキャラクター周りのものを外注することができれば、エンジン部分の開発にも時間を追加で注ぐことが可能となり、成果物である「UnitySRPG」もクオリティアップが期待できます。

 

今回のプロジェクトで、多くの方々のご支援をいただくことができ、自身の今までの活動は間違いではなかったこと、そしてゲームによって人は繋がることができるのだということを強く実感することができました。


この高い肯定的感情のもと、より一層、開発に熱を入れて取り組むとともに、より面白い世界を、より多くの人にお届けできるよう努めてまいります。

 

引き続きのご支援、何卒よろしくお願い致します。

 

スタジオルミナス代表

久賀谷 有人
(2019年7月5日追記)

 

大好きな「ゲーム」を通して、

人をつなげ、

ゲームの世界を盛り上げていきたい


はじめまして、ゲーム制作サークル・スタジオルミナス代表の久賀谷有人と申します。私は、子どもの頃からゲームが大好きで、小学校3年生の時に、親にせがんでC言語プログラミングの本を買ってもらったことをきっかけに、独学でプログラミングを勉強してきました。

 

制作している時の様子

 

高校2年生の時に、ゲーム制作サークル「スタジオルミナス」を設立してから、同人ゲームの制作をずっと続けています。今まで、フリーゲームを2作公開し、製品版も2作発表しました。

 

また、ゲーム制作の傍ら、大学院生として研究や教育活動にも力を注いでおります。研究方面では、2018年の学会にて、優秀ポスター賞を受賞し、教育方面では、社団法人Willdoorさまの下で、神奈川県・東京都の高校のキャリア教育に携わってきました。

 

社団法人Willdoorでの会議風景

 

私は、ゲーム制作が本当に大好きで、その活動を通して得た学びや人との出会いに本当に感謝しています。今回のプロジェクトは、そんな素敵な経験をたくさんくれたゲームの世界に少しでも恩返しをしたいと思い、立ち上げました。

 

無料のエンジンに支えられた、学生としての制作生活最後の、そして自身のこれまでの集大成として、「3D対応のシミュレーションRPG作成用エンジン」を作成し、それを使って、新たに面白いシミュレーションRPG「サモン・ミリタリー」を生み出したいという想いから、今回クラウドファンディングに挑戦することにしました。

 

たくさんの方々にこのゲームを楽しんでいただき、より多くの方に3DシミュレーションRPGを気軽に作っていただくためにも、今回、皆様のご支援が必要です。

 

どうぞご支援・応援のほど、よろしくお願いいたします!!

 

原点は

「誰かに楽しんでもらうことの嬉しさ」!

人との縁を原動力に、

向き合ってきたゲーム制作

 

ゲームを自分でも作りたいという一心で始めたゲーム制作でしたが、それに熱中するようになったのは、高校1年生の夏。担任の先生に、趣味でゲームプログラミングを行っていることを話したところ、「持ってきてくれたら、職員室で見るよ!」と言ってくれたのです。その後、作ったゲームを先生に見せると、先生はその場でゲームをプレイしてくれて、さらにソースコードまで見てくれました。

 

私にとって、プログラムの細かい所や、表現等に感想をもらえたのはそれが初めてのことであり、「作って、誰かに楽しんでもらうこと」を明確に意識することが、この瞬間にできたのです。


これをきっかけに、ゲーム制作を以前よりももっと楽しく感じ、ずっと続けていきたいと思った私は、部活動の先輩や、ネット上で知り合ったイラストレーターの方などを巻き込んで、ゲーム制作サークル「スタジオルミナス」を立ち上げました。そこでゲームを作り、頒布することを通じて、さらに様々な人とつながることができました。そこで得た仲間は、今の自分を支えるかけがえのない人たちです。


ゲーム制作への熱意のきっかけが「先生」であったことから、教育についても強い関心を持つようになり、大学では理工学を専攻しつつ、教職課程も履修しました。その中で、社団法人Willdoor様と出会い、様々な学校現場で未来を思い描く高校生たちと関わり合う機会を得ました。そこで感じたのは、私の高校時代を彩ってくれた先生方、そして自身の経験は本当に稀有なもので、自分の思っている以上に価値の高いものであるということでした。

 

そのため、高校生に自分の経験を伝え、プログラミングなどを指導すること、またゲーム制作の世界に自分のゲームを発信することをしていくことにしました。そして、一人でも多くの人がゲーム制作に関心をもつようなきっかけづくりをして、私が得てきたものへの「恩返し」をしていきたいと思うようになりました。

 

誰でも気軽に

シミュレーションRPGゲーム制作が

できるエンジンを作りたい

 
ゲームを作ったことがある人はわかるかと思いますが、ゲームを1からすべて手作りすることは、非常に困難です。

 

私が同人ゲームの制作に高校生でありながら着手できたのは、ノベルゲームのエンジン「NScripter」が存在したからです。基本的な処理のプログラミングをすることなく、シナリオや画像を用意して、最低限のコーディングでゲームを作ることができる……それが「エンジン」です。


また、シミュレーションRPGは、キャラクターの個性を細かく表現した「コマ」をチェス盤のようなマップ上で戦わせる戦略性の高いゲームジャンルです。それと同時に、キャラクターの戦闘描写を高い次元で表現できるため、作品のドラマチックな部分を強調することのできるジャンルでもあります。

 

私は特に、「うたわれるもの」(アクアプラス)の作品群に触れ、その描写の奥深さに強く感動し、このような作品を作りたいと思うようになりました。


しかし、現在シミュレーションRPGで3Dに対応するエンジンで、無料の扱いやすいものが存在していないことに気づきました。そこで、この現状を自分が打破し、より多くの人にこのジャンルのゲームを楽しんでもらい、気軽にゲーム制作をできるように変えていきたいと考え、今回のプロジェクトの立ち上げを決めました。

 

【Unity SRPG プロジェクト】

 

今回、作成するシミュレーションRPG作成用ツールは、まずは3D対応である点が新しいです。また、企業でも用いられているUnityを利用しているため、拡張性にも長けているといえます。

 

シミュレーションパートゲーム画面
※現在は3Dモデルとしてフリー素材「クエリちゃんSD」を利用させていただいております。​​​​

 

さらに今回、新しく開発したエンジンを使って、プロモーションゲームである「サモン・ミリタリー」を企画しました。このゲームは皆様に面白いものを届けたいと、シナリオ・キャラクター原案を1から手作りし、声優さんやデザイナーさん、イラストレーターさんなど様々な方のご協力をもとに制作しています。本クラウドファンディングが成功した暁には、本当によいゲームを届けつつ、その過程でできた「エンジン」をオープンソースで公開することをお約束します。

 

声優さんたちと記念写真

 

 

プロモーションゲーム「サモン・ミリタリー」

【ストーリー】ファンタジーとミリタリーが交錯する、シミュレーションRPG!


核戦争により荒廃した世界。新兵である主人公、タクとシェリーの2人は、任務の最中、不発弾により生死の境を彷徨う。その時、どこからともなく「助けて」という声がこだまし、気づくと 2人は、ならず者に襲われる少女の前にいた。その少女、アリエスは、過酷な運命を定められた「魔法使い」であった。これは宿命の戦いの序章。この事故のような世界の結びつきが、少女アリエスと「魔法の世界」の運命を塗り替えていくのであった……

「サモン・ミリタリー」ゲーム画面

 

今回のゲームは、「かつての自分のような人に感動を与え、その人にゲーム製作の世界に入ろうと思ってもらえるように、面白いものを」ということを強く意識して、作りました。

 

シミュレーションRPGに興味がある方はもちろん、ゲーム作成をすでにしているけどこのジャンルはまだ挑戦したことがない方にも、気軽に楽しんでもらえるものができると自信を持っています。

 

ゲーム創作の世界を盛り上げて、

次の世代にもつなげていきたい

 

私は、ゲームができるということは、「1つの世界が新たに生まれる」ということだと認識しています。今回、私が作っている「サモン・ミリタリー」を皆様がプレイすることで、「こういうのを作ってみたい!」、「このくらいだったら、自分の方がすごいのが作れるぞ」というように、誰かの創作意欲を掻き立てて、たくさんの世界が新しく生み出されていくことを願っています。

 

シミュレーションRPGは、今まで3D対応のものがなかったため、このジャンルが好きという方や、ゲーム創作に挑戦したいという方でも、なかなかその想いを行動につなげるのが難しい状況がありました。そのため、今回のプロジェクトが成立することによって、そういった方々が気軽に、自分の興味関心を表現できるようになると思います。

 

また、他のゲームジャンルで活動をしていた方々もシミュレーションRPGという分野でも力をふるっていただく、きっかけの場を提供できるのではないかとも考えています。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
プログラミングを学生に教える私

 

加えて、将来を見据えると、現在、学校での必修化の機運が高まっているプログラミング教育にも、この「ゲームプログラミング」のスキルを生かしていけるのではないかとも考えています。ゲームという題材は子供にとって関心を惹くばかりでなく、アプリ開発における必要な基礎事項を一通りマスターすることもでき、そして1つの作品の完成という目標が明確だからです。

 

本プロジェクトで完成するようなゲームエンジンの存在によって、教員の教える負担を減らし、プログラミングが苦手な子でも一定の完成品を作ることができ、そしてやる気のある子がより発展的なことにチャレンジすることにつながっていって欲しいと思っています。

 

ゲーム創作に対するハードルが少しでも低くなり、より気軽にゲーム創作が行われ、どんどんこの業界が盛り上がっていって欲しいと考えています。

 

そのためのご支援、ご協力をどうぞよろしくお願いいたします!


最新の新着情報