皆さま、ご支援・ご協力、本当にありがとうございます。 NGO「HOPE~ハロハロオアシス」の岩住琴です。

子どもたちがまっすぐな瞳で見つめてきます。

その瞳に映る未来はいったいどんなものなのでしょう。

私たちはその未来への希望のために、少しでも力になれるよう、子どもたちの夢に寄り添い続けます。

スラムの厳しい生活のなか、子どもたちは成長するに従って、その辛い現実に直面していきます。

 

そんな環境のなかでも、貧困により、その未来への道が閉ざされてしまわないよう、私たちは、支援を続けます。

この度、実施しています「スラムの子どもたちのための図書館設立プロジェクト」により、子どもたちはたくさんの本を出逢い、感じ、学び、本当にたくさんのものを得ることができるでしょう。

そして、大きな夢を抱き、自分自身の力で道を切り開く道を学び、辛い現実に負けない力を身につけることができると思います。

そのような大きな可能性や夢のつまった、このスラムの図書館を、スラムの過酷な現実のなか、懸命に生きる子どもたちのために、ぜひ開設してあげたいのです。

皆さま、お願いです。

あと少しの力を貸して下さい。

子どもたちの純真な瞳が曇ることのないよう、一緒に、この子たちを見守ってあげて下さい。

皆さまのあたたかいご支援・ご協力、心からお待ちしています。

新着情報一覧へ