皆さま、ご支援・ご協力、本当にありがとうございます。NGO「HOPE~ハロハロオアシス」の岩住琴です。

施設の子どもたちに歯磨き講習をしました。

ほとんどの子どもたちはこの施設にくるまで、歯磨きの習慣がありませんでした。

というより、歯ブラシや歯磨き粉にお金を使いたくない、という方が理由としては大きいのかもしれません。

ただ、この状況を見てみると、やはり今でも家では、あまり歯磨きはしていない子もいるようですが、、、。
 

口を歯磨き粉の泡まみれにして、なぜか苦しそうにしながら、とにかく大変なことになっています。

子どもたちにはイラスト等を使い、虫歯の怖さや歯磨きの大切さを教えています。

そして、歯ブラシは寄付として頂いたものを支給しました。

これから乳歯が永久歯に生え変わりますので、まだ間に合います。

できればこのまま習慣となって、健康な歯のままでいてほしいです。

このように、生活のなかで役立つことも含め、施設では様々な面で学習の機会を提供しています。

そのための大切な場のひとつとして、今回、設立予定の図書館は、とても大きな役割を果たせるだろうと思います。

本を読むことによって、自然に得られるであろう知識は、きっとこの先の生活に役立ちます。

「学校での勉強」という形ではなくても、いろんな本の世界に触れることによって、様々な刺激を受け、夢が広がり、そして生きていく上でとても大切な知識も得られると思います。

そのような、とても大きな意味のある、この図書館を、ここ、スラムにぜひ設立したいと思っています。

子どもたちの未来のために、その輝く命のために、もしよろしければ、ご協力お願いします。

夢や希望がたくさん詰まった、そんな図書館を、スラムの子どもたちのために作りたいです。

皆さまのあたたかいお気持ちのこもったご支援・ご協力、心よりお待ちしています。



 

新着情報一覧へ