修復完成披露の展覧会が始まりました!

本日、藝大コレクション展2018が開幕いたしました。

 

 

皆様のあたたかいご支援により修復されました、柴田是真の明治宮殿千種の間天井画下図が公開されております。

皺や攣れがのびて明るさを取り戻した画面は美しく、展示ケース一面に飾られた草花図の数々は圧巻です。

 


 

天井画下図以外にも、コレクションを代表する作品、高橋由一の《鮭》や、原田直次郎の《靴屋の親爺》、浅井忠の《収穫》を展示、

また先だって日曜美術館で特集が組まれて話題となった久保克彦の《図案対象》も展示しております。

さらには、天井画下図の出品に合わせて、制作の過程をたどるというテーマのもと、日本画作品の下図や石膏原型、また乾漆像の心木などを展示し、完成品へと至る作り手の思考や手の動きの痕跡をご覧いただきます。

 

日差しの強さに夏の名残がありますが、秋らしい過ごしやすい気候となってまいりました。

ぜひ、上野へ、芸大美術館へ、お運びください。

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています