梅雨が名実ともに明けて、ぎらぎらとした日差しが上野公園に照りつけています。

 

現在藝大美術館では、

藝「大」コレクション パンドラの箱が開いた!

を開催中です。

藝大創立130周年を記念した大規模なコレクション展で、誰もが教科書で一度は目にしたことのある名品や、コレクションの中でも人気のある作品を多数展示、また名品だけではなく、普段はなかなか展示する機会のない資料や、芸大ならでは収蔵品である、著名な画家の学生時代の作品なども展示しています。

連日の暑さにも関わらず、おかげさまでたくさんのお客様にご来館いただき、楽しんでいただいております。

 

この展覧会に、是真の千種之間天井綴織下図のうち4枚を出品しております。

(8月6日まで)

 

 

現状は、折り目やしわ、傷みが目立ちますが、是真の画技と素晴らしい構図感覚をじっくりご覧いただける機会です。

また、今後修復に入り、きれいな姿になってお披露目するまで、少々当館での展示はお休みになりますので、この機会に是非ご覧いただければと存じます。

ご来館をお待ち申し上げております。