「竹は買う必要があるの?」

「近場で竹を切り出せるところはないの?」

といったお問い合わせを何件かいただきました。

 

そこで、今日は竹ハウスに使う竹について、詳しくお話ししたいと思います!

竹ハウスに使える竹の条件は2つ、「太さ」「まっすぐさ」です。

この条件を満たす竹は現状、あがらとの周辺では手に入らないため、

お隣の三重県から、孟宗竹(もうそうちく)という竹を仕入れて使っています。

 

①太さ

竹ハウスの十分な強度を担保するために、使用する竹は、

太いところで直径15cm、先端の細いところでも8~10cm程の太いものである必要があります。この太さに育てるには、竹林を適度に間引きするなどの手入れが必要です。

 

②まっすぐさ

骨組みにするため、まっすぐな竹である必要があります。

竹はみんなまっすぐなのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

人間が手入れしていない竹林では竹の密度が高くなり、その中を日光を求めながら成長するため、まっすぐにならずに曲がって成長してしまう竹が多いのです。

 

太くてまっすぐなのが肝心です!

 

あがらとの周辺にも竹林はありますが、

今は出荷するための手入れがなされていないため、

この「太さ」と「まっすぐさ」が担保できません。

 

ただ、ゆくゆくは自分たちで竹林を手入れし、

竹ハウスに使用する竹を育てて使う、という一連の流れを

あがらとの中で行っていきたいと考えています!

もう少しメンバーが増えたら、それも実現に近づくかもしれません♪

新着情報一覧へ