救急車の寄贈を追加してこのプロジェクトを継続します。

今回のプロジェクトのきっかけはウガンダ病院長からのemergencyメールです。道路状況がよくなり比例して交通事故が多発しているそうです。でも「怪我人を運ぶ救急車がない」、とのことです。まずは消防車から寄贈活動を始めましたが救急車に関しても複数自治体にお願いしています。
この活動のゴールはなく、かつまだまだ活躍できる緊急自動車を必要してくれる国は多数あります。そのためにもまだまだ資金が足りません。引き続きご支援お願いします。アフリカだけでなくブータン王国からのニーズもあります。日本にいたら気づかないようなことが世界では起きています。みなさんにも「平和の輸出」の理念に賛同していただければ幸いです。

そして、250万円を再目標としてかかげさせていただきました。ご理解よろしくお願いします。

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)
Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています