みなさま、こんにちは。

 

先日の秋田は35度の猛暑日でしたが、全国的にも暑い日々ですね。

体調を崩されないよう、ご自愛くださいませ。

 

研修で約1か月ほど尾瀬におりまして、久しぶりの更新となります。

 

尾瀬は、「自然の宝庫」と称され、「ごみ持ち帰り運動」の発祥地であることなどから「自然保護の原点」ともいわれ、木道の整備をはじめとする様々な自然を守る取り組みが行われています。
福島県や群馬県では、そのような尾瀬を優れた「環境教育の場」と考えて、

子供達が一度は尾瀬を訪れ、ガイドを伴った少人数のグループによる質の高い自然体験を通して、身近な自然を守ることの大切さ、ひいては地球の環境を守ることの大切さ、ふるさとを愛する心を育んでもらいたいと尾瀬学校の実施を推進しています。

 

そんな尾瀬学校のガイドを務めた際は、登山口までのシャトルバスで「ブナ平」という原生林的なブナの森が見下ろせる場所を通るのですが、乗客の方から「まるで白神山地みたいだね」という声をよく聞きました。

また、お世話になったガイドのみなさんやお客様からは、白神山地について本当によく尋ねられ、興味を持っていただいていることに嬉しく思いました。

 

 

さて、HPリニューアルの制作ですが、ウェブサイト下層ページデザインも決まり、掲載する文章チェックなどを行っております。あと2回の打ち合わせが順調に進みますと、予定どおりの8月にお披露目できそうです。どうぞお楽しみに!

 

高橋麻記子

新着情報一覧へ