こんばんは!ザンビア駐在森長です。

 

このクラウドファンディングの挑戦も残り10日になりました。


ここきて、皆様のおかげでご支援が達成率29%、残り2,321,000円まできました。
まだまだ支援が必要ですが、最後までやりきります。

 

さてこれまで、一緒にゴールを目指している人々、受益しているおかあさんたち、その人々が生活しているザンビアの様子などを綴ってきました。

 

ここで、私たちが行なっているほかの活動も紹介し、全体としてどのように私たちが栄養不良改善に取り組んでいるか説明したいと思います。

 

スピルリナ生産・販売事業


これが現在、クラウドファンディング挑戦で資金を集めて達成したい事業です


これにより、

  • 栄養価の高いもの、スピルリナを安価に生産、流通できるようになる
  • 現地雇用機会を創出する
  • 現地の人に技術移転する
  • ビジネスとして実施することで活動の持続性を確保できる

目的とメリットがあります。

 

パイロット生産時の様子

 

 

技術移転時の様子

 

 

栄養教育事業


私たちのこれまでの活動から、ただ栄養価の高いものを普及させようとしても、人々がその価値や効果を理解していないと継続して摂取してくれないだろうという1つの考えに至りました。

 

そこで、スピルリナ給食配給を実施している学校やヘルスセンター(ザンビア各地にある保健所)で、栄養・衛生教育を実施しています。

 

スピルリナ給食配給では、少数の学生を選抜してもらい、私たちが彼らに教え、その学生たちが他の生徒に教え、それが繰り返されて行くことでこの栄養・衛生教育の内製化を狙っています。

 

栄養教育の様子

 

 

ヘルスセンターでの活動は、Under-5 clinic(5歳未満児検診)に来るおかあさんたちに栄養・衛生教育を実施し、それを家庭で実践してもらえるような取組みを現在行おうと計画しているところです。

 

ヘルスセンターでの試験的取組み時の様子

 

 

AFF栄養改善への取組み


これら、栄養価の高いスピルリナを供給することと、栄養や衛生の知識を向上させること、この2つの事業を組み合わせることで、効果的に栄養改善問題に貢献しようとしています。

 

これを達成する1つ大事な鍵が、生産事業を立ち上げることです。

 

そのための、クラウドファンディング挑戦、あと10日です。

 

まだ皆様の支援が必要ですが、このプロジェクトを必要としている人がいて、応援してくれる人がいる限り、やり通します。

 

引き続き、皆様のご支援、どうぞよろしくお願い致します。
周りのご家族、友人・知人などへの情報拡散も合わせてお願い致します!

新着情報一覧へ