プロジェクト概要

 

アロハシャツの起源を通じて日本とハワイを繋ぐ!
「Kona Bay Hawaii」とコラボアロハシャツで足利銘仙、復活へ

 

ページをご覧いただきありがとうございます。佐藤 秀雄と申します。

私は脳梗塞で倒れ生死をさまよった経験から、生きる意味を考えはじめ「人に喜ばれる活動をしたい!」という思いからNPO法人スタイリッシュライフを設立しました。

 

ハワイで有名な「アロハシャツ」の起源に、現在はもう生産されていない、かつての足利の代表的な伝統工芸品の絹織物「足利銘仙」と関係があるとわかり、足利とハワイを繋ぐ「足利銘仙アロハプロジェクト」を立ち上げました!

 

2018年は、日本からハワイへの移民が始まって150周年というメモリアルイヤーに当たります。そこで、ハワイの有名アロハシャツメーカー「Kona Bay Hawaii」さんとコラボし、「足利銘仙」の柄を生かしたアロハシャツをつくるというプロジェクトが生まれました。

 

今はもう日本では生産されていない銘仙を「奇跡のアロハシャツ」としてハワイで蘇らせます。足利のまちを盛り上げ、日本とハワイの更なる交流を生むきっかけをつくります。この壮大な夢を実現するためには、ぜひともみなさまのお力が必要です。応援よろしくお願いいたします!

 

「足利銘仙アロハプロジェクト」のメンバーです。
現在でも古さを感じさせない奇抜さで人気だった「足利銘仙」柄の浴衣を着て。

 

消えつつある「足利銘仙」がアロハシャツの起源の1つでした

 

みなさんは「銘仙(めいせん)」をご存知でしょうか?

大正から昭和にかけて普段着、おしゃれ着として日本全国で大流行した平織りの絹織物です。

 

特に足利でつくられた「足利銘仙」は、斬新なデザインで多くの方からの支持を得て、昭和10年頃には織物生産高で一位となり、全国に名を轟かせていました。しかし、戦争の影響もあり足利銘仙は衰退し、現在は生産すらされなくなってしまったのです。

 

当時の女性のおしゃれ着として、人気でした

 

そんな消えつつある伝統を守ろうと、足利市のご当地アイドル「渡良瀬橋43」は、足利銘仙をリメイクした衣装を着て活動していました。その衣装で1年前に行われたホノルルフェスティバルに出演した際、足利銘仙がアロハシャツの起源のひとつだといわれ、現地の方々の興味を惹いたのです。

 

「Kona Bay Hawaii」の木内社長(前列左から2番目)と「渡良瀬橋43」の大塚みか(一番右)

 

 

足利銘仙の柄がアロハシャツで蘇り、ハワイで生き続ける

 

アロハシャツの起源は、日系移民の方々が着物をシャツに仕立て直したことだと言われています。当時、最も普及していた着物が、足利が日本一の生産地であった「銘仙」だったことから、足利銘仙では…と考えられました。

 

ハワイでは冠婚葬祭でも正装と認められているアロハシャツが、海もなく遠く離れた足利と繋がっている。なんともロマンチックな話です。

 

計画の大枠ができ再度ハワイに渡り、現地の企業や有志のみなさんのご協力を得て、ビンテージのアロハシャツでは有名な「Kona Bay Hawaii」の木内社長に熱意を伝えたところ、協力いただけることに決まりました。

 

アロハシャツをつくるというのは完全に専門外の分野です。それでも企画を実現させることができたのは、私たちのまちへの想いと、ハワイのみなさまの愛があったからです。つまり、今回つくるアロハシャツは、まさに「奇跡のアロハシャツ」といえます。

 

縫製がとても丁寧で丈夫なのも「Kona Bay Hawaii」さんとコラボの強み。
ぜひ長くお付き合い下さい!

 

 

300着限定!足利銘仙柄 ✕ Kona Bay Hawaii のアロハシャツ!

 

みなさまからいただいたご支援を大切に使わせていただき、

「松の葉」が表現された足利銘仙の柄のアロハシャツを

1柄2色で300着限定生産します。

 

■ 足利銘仙柄アロハシャツ Kona Bay Hawaiiコラボ製品 ■

 

〈柄〉松の葉が表現された足利銘仙の柄

〈色〉ネイビーとピンクの2色展開

サイズXXS、XS、S、M、L、XL
※アメリカンサイズですので日本のサイズより1サイズ程度大きなものになっています​
 女性はXXSを着れるつくりです(概ね160cmくらいの方まで)

※サイズはリターン選択時に選択できます
※詳しいサイズ表は、ページ下部をご覧下さい。

 

〈プリント〉栃木県足利市

〈裁断・縫製〉Kona Bay Hawaii(made in Hawaiiになります)

〈発送〉2018年3月を予定

 

イメージ図と、仮で出来上がっているプリント柄のアップになります。
タグには、「Kona Bay Hawaii」と「足利銘仙アロハプロジェクト」コラボのものが入ります。
(※タグの写真はイメージになります)

 

 

足利市にてプリントした生地をハワイに送り、現地のアロハシャツの有名ブランド「Kona Bay Hawaii」にて裁断、縫製し、商品化します。

 

 

現在、足利で丁寧にプリントをしていただいています

 

できあがったアロハシャツは、日系移民150周年を祝うハワイで来年3月に行われるホノルルフェスティバルで関係者の方々に贈呈します。

 

加えて、ご支援いただいた方へのお返しにさせていただきます!

 

新聞をはじめ、テレビやWebニュースなど、さまざまなメディアでプロジェクトを紹介いただいています。
(写真は東京新聞栃木版)

 

志は大きく!
足利市とホノルル市を姉妹都市にしたい!

 

斬新な柄と鮮やかな色彩で、大正から昭和初期に一世を風靡した「銘仙」は、日本では滅びかけている文化です。しかし、この企画が実現すれば、足利銘仙の柄がアロハシャツで蘇り、ハワイで生き続けることができるのです。

 

かつて織物と繊維で栄えた足利の技術のPRにもなりますし、足利のまちを盛り上げることにも繋がります。

 

今後も継続した交流を続け、私たちが架け橋となり、足利の歴史と文化がハワイの日系移民のみなさんの歴史と文化と繋がることに大きな期待をしていますし、ここから始まる足利とハワイ、日本とハワイの交流をとても楽しみにしています。

 

足利銘仙アロハプロジェクトから始まる草の根の交流を育てながら、将来的には、足利市とホノルル市が姉妹都市になることを夢見て、メンバー一同でがんばっています。どうかご支援のほど、よろしくお願いいたします!

 

「渡良瀬橋43」の大塚みかさん(右)とタッグを組んで、足利のまちを盛り上げていきます!

 

支援金の使途内訳

 

・生地の購入費

・プリントにかかる費用

・現地への輸送費と交通費

・裁断と縫製の費用

・関税など

 

 

リターン詳細につきまして

 

支援のお返しには、もちろん今回制作するアロハシャツをお届けします!

夏祭りで着たり、ご旅行時にもっていったり…

プロジェクトを通して、楽しんでいただけたらと思います。

 

限定300枚の足利銘仙柄✕ Kona Bay Hawaiiコラボアロハシャツを

ぜひ、この機会にお手に取り下さい!

 

■ 足利銘仙柄アロハシャツ Kona Bay Hawaiiコラボ製品 ■

 

〈柄〉松の葉が表現された足利銘仙の柄

〈色〉ネイビーとピンクの2色展開

サイズXXS、XS、S、M、L、XL
※アメリカンサイズですので日本のサイズより1サイズ程度大きなものになっています​
 女性はXXSを着れるつくりです(概ね160cmくらいの方まで)

※サイズはリターン選択時に選択できます
 

〈プリント〉栃木県足利市

〈裁断・縫製〉Kona Bay Hawaii(made in Hawaiiになります)

〈発送〉2018年3月を予定

 

 

イメージ図と、仮で出来上がっているプリント柄のアップになります。
タグには、「Kona Bay Hawaii」と「足利銘仙アロハプロジェクト」コラボのものが入ります。
(※タグの写真はイメージになります)

 

 


最新の新着情報