READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
成立

コンゴの性暴力と紛争に関する映画「女を修理する男」をDVD化!

大平和希子

大平和希子

コンゴの性暴力と紛争に関する映画「女を修理する男」をDVD化!

支援総額

1,051,000

目標金額 650,000円

支援者
108人
募集終了日
2017年12月1日
プロジェクトは成立しました!
12お気に入り登録12人がお気に入りしています

終了報告を読む


12お気に入り登録12人がお気に入りしています
2017年11月15日 22:06

プロジェクト期間も半ばを迎えました

 

プロジェクト開始から15日が経過。

これまで85名の方々にご支援いただき、本当にありがとうございます。

 

ネクストゴールも設定し引き続きチャレンジしており、改めて私たちASVCCが「なぜ『女を修理する男』の日本語字幕付きDVD制作にこだわるのか」についてお伝えさせてください。


まず、『女を修理する男』はいい映画です。想像を絶する悲劇が繰り返される中で、信念を持ち続け、被害者を癒し、「自分たちの手で正義を勝ち取ろう」と訴えるムクウェゲ医師の姿からは、人間の本質とは何か、正義とは何かを考えさせられます。


ですが、「この映画を観れば日本人の意識が高まって、コンゴへの支援が増えて、問題が解決できる」という単純な問題ではありません。コンゴには、紛争資源問題、40を超える武装勢力の活動、国軍や警察の権力濫用、政治腐敗、周辺国との難しい関係、国連の失敗など、問題が山積しています。これらすべてを瞬時に解決する特効薬はありません。外科手術も漢方薬も織り交ぜて、根気強く闘っていかなければなりません。


ところが、コンゴ問題に関する研究と政策議論は圧倒的に不足しています。特に日本には、コンゴ研究者が数人、コンゴ問題に取り組むNGOが数グループいる程度です。だから私たちは、コンゴ問題を議論できる人々の層を広げたいのです。

 

映画はしばしば、いいきっかけになります。『ブラッド・ダイヤモンド』がシエラレオネの、『ホテル・ルワンダ』がルワンダの問題を広く知らしめるきっかけになったように、『女を修理する男』がコンゴ問題を社会に知らしめ、研究者、企業人、援助機関、メディア、一般市民を巻き込んで、日本各地で議論を始めるきかっけになることを願っています。


賛否両論を含めて、私たちとは違うアプローチも含めて、「私たちは何をすべきか」を議論する層を広げることが第一歩なのだろうと思っています。

 

より多くの方々にこの映画を観ていただきたく、できる範囲でご支援いただければありがたいです。

 

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

ムクウェゲ医師とコンゴの女性を応援!

◼︎サンクスメール
◼︎「コンゴの性暴力と紛争考える会」のHPにお名前を掲載

支援者
34人
在庫数
制限なし

10,000

alt

『女を修理する男』のDVDをお手元に!

◼︎サンクスメール
◼︎「コンゴの性暴力と紛争考える会」のHPにお名前を掲載
◼︎報告書をPDFにしたものを進呈
◼︎2017年度研究報告書にお名前を記載
◼︎『女を修理する男』日本語字幕DVD1枚

支援者
65人
在庫数
制限なし

30,000

alt

ムクウェゲ医師の講演の特別招待者席をご用意!

10000円のリターンに加え
◼︎ 『女を修理する男』オリジナルポストカード
◼︎ 『女を修理する男』日本語字幕版エンドロールへのお名前記載
◼︎ムクウェゲ医師来日時講演特別招待者席へのご案内(2018年1月に都内で開催予定)

支援者
4人
在庫数
制限なし

30,000

alt

【講演会へ参加できない方へ】コンゴ東部のスペシャリティコーヒーをプレゼント!

10000円のリターンに加え
◼︎ 『女を修理する男』オリジナルポストカード
◼︎ 『女を修理する男』日本語字幕版エンドロールへのお名前記載
◼︎コンゴ東部(北キブ州イザレ地区カホンド)のスペシャリティコーヒー200g

支援者
4人
在庫数
制限なし

50,000

alt

【上映会主催希望の方①・6万円相当】

30000円のリターンに加え(講演会とコーヒーはどちらかお選び頂けます)
◼︎『女を修理する男』上映会を主催される際の講師派遣(当会代表米川正子、副代表華井和代)
※当会より「講師費用」として領収書の発行が可能です。
※上映会費(42,000円)および会場費等上映会にかかる費用は主催者様の負担とさせていただきます。
※講師の宿泊・交通費は含みません。

支援者
1人
在庫数
制限なし

100,000

alt

【上映会主催希望の方②・11万円相当】

30000円のリターンに加え(講演会とコーヒーはどちらかお選び頂けます)
◼︎『女を修理する男』上映会費及び上映会を主催される際の講師派遣(当会代表米川正子、副代表華井和代)
※上映会費(42,000円)、講演費を含みます。
※当会より「上映会費用」「講師費用」として領収書の発行が可能です。
※会場費等その他の上映会にかかる費用は主催者様の負担とさせていただきます。
※講師の宿泊・交通費は含みません

支援者
0人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする