今回私たちと共に日本予選を勝ち抜き、日本代表となったチームにお声掛けして、パエリアの合同練習会を行いました。

もちろん、使う食材などは本大会と同様に、、、

薪を使い、火を起こすところから始めます。

 

同じ素材を使いながらも、全く違うパエリアが出来上がる!!

ソカロと呼ばれるおこげも審査の重要な要素!!

おこげの音を聞く=「パエリアと対話する」と現地では言われるほどです!!!

 

シンプルなようでいて、シンプルだかこそ違いがわかる。。。

とても奥が深いパエリアの元祖「パエリアバレンシアーナ」

 

日本ではまだまだ知名度の低いパエリアですが、私たちの活動を通して、日本の皆さんにも本場の味を味わっていただき、たくさんの方々にパエリアバレンシアーナを知っていただけたら嬉しいです!!

 

 

今回の練習会では、新たな発見もあり課題も見つかる1日でした。

また、ライバルでもあり日本のスペイン料理界を代表する皆さんとお話をする機会ができ、とても刺激的な練習会となりました。

 

 

パエリア世界大会本戦まであと44日!!!

調整と研究の日々はまだまだ続きます。。。

 

引き続き、応援よろしくお願い致します!!!

新着情報一覧へ