READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

残された自由、小劇場演劇。今こそ、書を捨てよ町へ出よう!

残された自由、小劇場演劇。今こそ、書を捨てよ町へ出よう!

支援総額

1,128,000

目標金額 1,000,000円

支援者
95人
募集終了日
2019年6月29日
プロジェクトは成立しました!
9お気に入り登録9人がお気に入りしています

終了報告を読む


9お気に入り登録9人がお気に入りしています
2019年06月12日 20:00

【みんなのノゾミ】14松田桂一

「ノゾミ」で照明を担当してくれる松田桂一くんに、「わたしのノゾミ」をテーマにコメントをいただきました!

 

松田 桂一(まつだ けいいち)

 

===============

 

僕達日本人って、「何かをする以上、ちゃんとしたことをしないといけない」みたいな強迫観念がありますよね。

今の僕を例に挙げるなら、「エリア51の神保に"わたしのノゾミ"と題してコメントが欲しい!と言われたから、まわりの人達みたいにちゃんとしたコメントを書かないといけない」みたいな。
この文を読む人達から「そんな文書いて、バカなんじゃないの」と言われないような文を書かなければいけない、みたいな。

きっとこれって自尊意識が低くて、同調圧力ばかりが高いからなんだと思うんです。

自分のことがあまり好きではなくて、自分の考えに自信がなくて、自分の本当の気持ちを言えない。
まわりと同じことをしないといけない、同じことを言わないといけない、あの人がああ言ったから私もああ言おう。
勝手にその場の空気を決めつけて、その空気を読もうとしてしまう。
人に嫌われないように、迷惑をかけないように...

生き苦しくないですか?
十人一色な人ばかりがはびこる今の世の中。

人はそれぞれがかけがえのない存在で、それぞれにそれぞれなりの考えがあっていいはずなのに。

まわりの目ばかりを気にして、人に迷惑をかけないで生きていく事なんて出来ないと思うんです。
僕だって今、神保からの無理難題にこうして貴重な睡眠時間を削ってまで文を書いて、迷惑をかけられているわけですから。

だけれど彼は別に、僕の睡眠時間が無くなるのが申し訳ない、コメント書かせてごめん、なんて僕の顔色を伺ったりはしません。
彼が、この舞台に関わる一人一人のノゾミを知りたい!それが面白くて色々な人に知って欲しい!ただ素直にそう思っただけなんです。

だから僕もこうして長ったるい文を書いて、わざと夜中に神保に送りつけて迷惑をかけてやろうかとひそかに企んでいます。
お互い様っていうやつですかね。
お互いに迷惑をかけたりかけられたりして、お互いに助け合って生きていく。

人は一人では生きていけません。
もし仮に一人で生きられたとしても、果たしてそれは楽しいですか?

自分の思いを素直に言う。
相手の思いを自分の耳で聞き、自分の言葉で相手に返す。
こんな当たり前の事が出来なくなっているんです。

僕達は、この公演で、「エリア51」として、僕達の思いを恥ずかしげもなくあなたに届けます。

あなたの本音は何ですか?

あなたの本音が知りたい。
それが僕のノゾミです。

 

 

もともとはインターネットの世界でのつながりをノゾミとして作られたスマホ。
その12cm×6cmくらいの小さな体には、何百、何千、何万倍もの世界が広がっていく可能性が秘められていると思うんです。

しかし、スマホの扱いが下手な私達は、その可能性を広げようともせず、目先のトピックにああだこうだ言うか、 自分の狭くて小さな世界に閉じこもっているだけ。

あなたの知らない人やものとのつながりを持たせてくれるのがスマホの本来あるべき目的ではないでしょうか。

スマホはあなたの知らない本や、音楽、映画を教えてくれます。色々な知識を教えてくれ、色々な出会いをさせてくれます。
スマホはあなたの知らない空を教えてくれます。知らない海を、そして知らない町を。
その町で必死に生きている人達を教えてくれます。
一度自分の小さな世界から一歩外に出てみませんか。
色んな町を歩いてみませんか。

今、スマホを通して僕の文を読んで下さっているあなた。
今、僕とあなたはこうしてスマホの可能性によってこの場で出会う事が出来ました。
それって凄く小さな事かもしれないけれど、奇跡だと思うんです。
僕はあなたとのこのつながりを大事にしたい。
そして、僕とあなたとを引き合わせるきっかけをくれた「エリア51」をぜひ知っていただきたい。

拙い文を最後まで読んでいただきありがとうございます。
あなたが、「演劇」という世界に、「エリア51」という町をもとめて出てきてくれること。
それが僕のノゾミです。

 

===============

 

一覧に戻る

リターン

3,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

WHITE

●公演パンフレットにお名前記載
●お礼のお手紙(エリア51へと導く「書簡演劇」が始まります)

支援者
30人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年9月

6,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

BLUE

●オリジナルステッカー、キーホルダーのプレゼント(デザイン:moi.yama)
●公演パンフレットにお名前記載
●お礼のお手紙(エリア51へと導く「書簡演劇」が始まります)

支援者
12人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年9月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

RED(A)

●公演ご招待 1名様分(お好きなお席を確保いたします。)
●『ノゾミ』上演台本、サウンドトラックCDのプレゼント
●オリジナルステッカー、キーホルダーのプレゼント(デザイン:moi.yama)
●公演パンフレットにお名前記載
●お礼のお手紙(エリア51へと導く「書簡演劇」が始まります)

支援者
36人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年9月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

RED(B)

●オリジナルTシャツのプレゼント(デザイン:moi.yama)
●オリジナルステッカー、キーホルダーのプレゼント(デザイン:moi.yama)
●公演パンフレットにお名前記載
●お礼のお手紙(エリア51へと導く「書簡演劇」が始まります)

支援者
11人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年9月

30,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

SILVER

●公演ご招待 2名様分(お好きなお席を確保いたします。また、1名様でお越しになって2名様ぶんのお席にお座りいただくこともできます)
●「ノゾミ」上演台本、サウンドトラックCDのプレゼント
●オリジナルステッカー、キーホルダーのプレゼント(デザイン:moi.yama)
●公演パンフレットにお名前記載
●お礼のお手紙(エリア51へと導く「書簡演劇」が始まります。また、あなたの日常に非日常が訪れます。)

支援者
2人
在庫数
13
発送予定
2019年9月

50,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

GOLD

●公演ご招待 2名様分(お好きなお席を確保いたします。また、1名様でお越しになって2名様ぶんのお席にお座りいただくこともできます)
●「ノゾミ」上演台本、サウンドトラックCDのプレゼント
●オリジナルステッカー、キーホルダーのプレゼント(デザイン:moi.yama)
●公演パンフレットにお名前記載
●お礼のお手紙(エリア51へと導く「書簡演劇」が始まります。また、あなたの日常に非日常が訪れます。)

また、【エリア51とみんなのシンポジウム〜つながる小劇場演劇時代へ〜】に無料ご招待いたします。

※ほかの参加者は、エリア51メンバーと、小劇場演劇で活躍されている劇団主宰や制作の方、演劇以外でご活躍されている方にお声がけして参加していただく予定です。ぜひ、支援者さまのご意見をお聞かせください。

日程:2019年10月6日(日) 17:00〜19:00
場所:Geki地下Liberty 舞台上
※日程は変更となる可能性があります。ご了承ください。詳細はお手紙またはメールにてお知らせいたします。

支援者
4人
在庫数
6
発送予定
2019年9月

80,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

PLATINUM(追加:6月17日)

●GOLDの内容
●打ち上げにご参加いただける権利
※日程は10/6のシンポジウム終了後になります。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年9月

100,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

BLACK(追加:6月17日)

●PLATINAの内容
●劇中映像にご参加いただける権利
※詳しくはプロジェクト達成後、メールでご連絡いたします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年9月

150,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

RAINBOW(追加:6月17日)

●BLACKの内容
●稽古場にご参加いただける権利
※詳しくはプロジェクト達成後、メールでご連絡いたします。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年9月

プロジェクトの相談をする