生地を選び、絞り、染め、そしてパターン(服の形)も決まり、いよいよ「縫製(ほうせい)」です。

 

愛知県名古屋市にある 第一ワークスさまにご協力いただき、レインポンチョの打ち合わせを行いました。

 

(第一ワークスさまと打合せの様子)

 

 

第一ワークスさまも、働く意欲と能力を持ちながら、身体障害者の状況、設備の構造、交通事情のために、一般の企業・職場に雇用されることが困難な方の支援を行っています。

 

今回のプロジェクトは3つの事業所にご協力いただき進めてきましたが、さらに外に目を向ければ、すでに技術を持っている障害のある人がいます。企業と障害福祉事業所の連携、事業所と事業所の連携をつうじて仕事や役割を発見することができます。

 

 

       名古屋市身体障害者福祉連合会 第一ワークス
       http://www.meishinren.or.jp/htm/section/dai1works/dai1works.html

 

 

自分たちの身近な仕事や役割、または、これから生まれる商品やサービスの工程に、障害のある人が関わり価値を生みだす仕組みをつくる。

 

ただ「働く場所」をつくるだけではなく、「Good Job!」とは何かを問い続けて挑戦することが、これからの未来に必要であるとプロジェクトを通じて感じます。

 

新着情報一覧へ