READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

不甲斐ないですが、どうか家族の治療費にご助力頂きたく願います

あさ猫の母で娘で親友

あさ猫の母で娘で親友

不甲斐ないですが、どうか家族の治療費にご助力頂きたく願います
このクラウドファンディングは募集を中止しました。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

支援総額

19,000

目標金額 260,000円

支援者
8人
募集終了日
2022年9月29日
募集は中止しました
このクラウドファンディングは募集を中止しました。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

プロジェクト本文

◆自己紹介                                  

 初めまして。私は中村りえと申します。まずはこのページを開いていただきありがとうございます。

 今回お力を借りたい家族の名前は『あさ』12歳のおばあちゃん猫です。私は関東で自営をしながら、70代の母とあさとで静かに暮らしています。

 あさは2010年の3月1日生まれです。その年の9月、ペットショップで働いていた友人から売れずに繁殖用となってしまう子がいると聞き、翌月10月に人生で初めて家族に迎えた猫です。

 人見知りで、慣れない人が来ると別の遠い部屋にいても、隙間という隙間に挟まるように隠れてしまうとても臆病な子です。ペットショップでは兄妹にいじめられ気味だったそうです。

 

▽業者さんがきてふとんの中に避難中のあさ

 私が苦手な虫に怯えたり泣きそうな声を出すと、随分俊敏さがなくなった今も若い頃のようなスピードで駆けつけてきてくれたり、具合が悪くて階段で蹲っているといつの間にか傍についていてくれたり、ごくたまにシャーと怒っても猫パンチをしても傷つけるようなことはしない、とてもとても優しい子です。一方、家では中々強気に主張する内弁慶だったりもします。

 何より、この12年、父の闘病と他界、就職、結婚と離別、失業から開業と、私の人生で大きな転機の連続だった時期を、そばでずっと一緒に成長し、行動力と生きる力と癒しをくれた、どんな部分もひっくるめて愛おしい家族です。

 この子がいなかったら乗り越えられなかった出来事がたくさんありました。

 

 

◆ご支援頂きたい理由                             

 7/12から現在まで、あさは肥大型心筋症や消化機能低下、椎間板の摩耗から脊髄神経へ影響している可能性等様々な悪因が重なったことで、毎日入院と一時帰宅を繰り返しております。

 交互の腕にカテーテルを入れて、今はどちらも入らなくなってしまい、足に入れています。

 お薬で心臓や消化管の動きは改善されてきているはずなのですが、食欲が戻らず嘔吐してしまうことで、点滴がはずれません。

 

▽7/20、腕のものは止血テープ。

▽7/25、色々な器や台で飲みやすい高さを試行錯誤中。左足にカテーテル

 まだ治療は続きますが、現状2週間の入院・通院、療法食や介護用品だけでもすでに30万円弱となっていました。

※中村アイになっているものは登録時の間違いです

 

 

 

 

   それでも、あさの目にはまだまだ輝きと力があり、生きて回復しようとしている意志を感じて、治療を続けない選択肢は考えられません。   

 

 本来、自分の意志で養っていくと決めた以上は突然の出費があって当然、備えておくべきと理解しております。

 とはいえ、年金の少ない母の扶養、精神障がい者の兄(独居)の自活の補助に加え、私自身の仕事が減ったことやL5/S1椎間板ヘルニアなどが重なっており、現状カードリボでひたすら先延ばにして凌ごうとはしているものの、今後の治療費も別途かかるため家計から捻出するのが厳しい状況です。

 

 また、食欲が戻って回復してきても、今後も心筋症などの服薬が必要で、

 7日分 約7,600円

 1日分 約1,100×30日分= 約33,000円 が必要になってきます。

 これまでよりも定期的に検査も必要になり、いつもの食餌や衛生用品費、

 他家族の生活費や医療費などを合わせるとかなり厳しい状況です。

 

 なんとか仕事量を増やして厳しい状況を脱したいのですが、急ぎ連日の入院・通院期間中の支払い予定分がどうしても厳しいため、恐縮ですが+システム料を目標としてお力をお借りしたく、このプロジェクトを立ち上げた次第です。

 

 自らあさを迎えることを決めた責任ある身ながら、人様にこのようなお願いをして大変不甲斐なく恥ずかしい気持ちです。

 厳しいお言葉を頂くのも承知の上です。

 その恥をかき捨ててでも、まだまだあさと一緒に生きていきたく、これをご覧になっていらっしゃる皆様に治療維持のためにご助力頂きたく存じます。

 

 SNSなどで拡散、或いは類似の状況など経験談を教えていただくだけでも大変ありがたいですので、どうか何とぞ、よろしくお願い申し上げます。

 

 

◆リターンについて◆                              

 ご支援を乞うのに実りある返礼とは言えないかと存じますが、デジタルバッジやイラストが動くお礼カード、SNS向オリジナルアイコン制作など、少しでも自分にできるものでリターンをご用意させて頂きました。

 アイコン制作については、あさの看病や仕事と自身の通院や他の家族のことでいっぱいいっぱいになっており数に限りがあるのですが、ご検討いただければ幸いです。

 

 ◆すべてのご支援◆

  ・あさのお礼写真』+あさの様子のご報告』

  ・『リターン不要(ご支援のお気持ちのみ)』

  ※納品方法:リターン有のご支援はメール等のデジタル通信にて返礼させて頂きます。

 

 ◆ご支援3千円◆

 ▽バッジイメージ     

  あさのお礼写真』+あさの様子のご報告』+『お名前なしサポーターバッジ(デジタルイラスト)』

  ※▽+サポーターバッジ▽

   サイズ:縦2000×横2000px、350dpx 納品形式:png

   二次配布、商用利用等はご遠慮ください。デザインは多少変更となる場合がございます。

   上記については5千円以上のご支援も同様です。

 

 

 ◆ご支援5千円◆

 ▽バッジイメージ     

 

 あさのお礼写真』+あさの様子のご報告』+『お名前入りサポーターバッジ★(デジタルイラスト)』

  ※▽+サポーターバッジ(お名前入り)▽

   png画像での送付と、ご希望の方はNFT(非代替性トークン)でのお付けします。

   NFTとは…デジタルアートの唯一無二性を付加する証明書のようなものです。

   受け取りに別途NFTサービスのアカウントをご所持またはご作成頂く必要があるため、

   ご希望の場合のみとなります。どのサービスかは未定のため、追って記載いたします。

   また、万が一提供するNFTサービス終了した場合は、NFTアートのほうは閲覧が不可となる可能性がございます。

   NFTアートでの提供については1万円以上のご支援も同様です。

   ▽サポーターバッジ以外▽

   前項までをご確認ください。

 

 ◆ご支援1万円◆

 ▽バッジイメージ  ▽動くお礼カード:後日イメージを準備予定です。

  あさのお礼写真+あさの様子のご報告』+『お名前入りサポーターバッジ★★

  +『スマホ画面であさ猫が動く!お礼カード(デジタルイラスト)』

  ※▽+動くお礼カード▽

   印刷して頂き、スマホで読み取ることでお部屋や色々な景色の中で動くあさ(2Dイラスト)を投射することが可能です。

   もしくはお礼カードを表示するパソコンまたはスマホと、お礼カードにあるマーカーを読み取るスマホが必要になります。

   スマホに写ったあさ猫をタップすると…?

   ▽動くお礼カード以外▽

   前項までをご確認ください。

 

 ◆ご支援5万円◆

 ▽バッジイメージ   ▽アイコン例(原本を紛失してしまったちびあさ画像を描き起こし)

  

  あさのお礼写真+あさの様子のご報告』+『お名前入りサポーターバッジ★★★

  +『スマホ画面であさ猫が動く!お礼カード(デジタルイラスト)』

  +『ご自宅の猫ちゃん等動物のSNSアイコン制作(デジタルイラスト)』  

  ※▽+SNSアイコンの内容▽

   対象:動物1匹(人間不可)、バストアップ(胸(ポーズ次第で前足)から上)

   サイズ:縦2000×横2000px、解像度350dpx、納品形式:jpg、png

   ポーズやお顔イメージ用の画像をメールでお送り頂く必要がございます。

   また、ご自身で撮影されたものや、著作権者の許可を得た画像に限らせて頂きます。  

   フレームのデザインや背景はご指定頂けません。カラーイメージはご指定頂けます。

   制作したアイコンについては、納品後は著作権ごと譲渡させて頂きますので、

   ご自由な用途でお使いください。

   ▽SNSアイコン以外▽

   前項までをご確認ください。

 

 

◆治療の経緯◆                                 

深夜に突然何度も嘔吐、即入院に

 あさは2022年1月の健康診断でも、少し背中の椎間板が狭くなっていたり脚力や免疫力が弱くなっているものの、猫種と年齢にしては優秀な健康状態ですね、とお褒め頂いていました。

 

 7/11 22時頃、いつものようにご飯を食べて、普段通りちょっとギリギリですが自力でジャンプして私のベッドにあがり、体を横にして伸びをし、リラックスして眠りにつきました。

 日付の変わる0時になったころ、突然あさが起きだし、ベッドを降りて別の部屋へ移動しました。珍しいことではないのですが、少しして何度かえずく音が聞こえ、毛玉をはこうとしているのかな?と思いました。

 普段めったに吐かないためか、吐くとなると中々うまく出せないので、始めはあまり気にしませんでした。

 

 けれども、これが10分、20分、30分経っても定期的に空えずきを繰り返しているので見に行くと、泡のような唾液や胃液、胆汁を少量ずつ転々と吐き出していました。心配して様子を見ていると、中々手の届かない狭い場所へと移動して朝方には身を縮めて動かなくなってしまい、呼吸は浅く速い状態でした。

 早朝かかりつけの病院に電話して見て頂くと、38~39度が平熱の猫ですが、35.9度の低体温状態で手足も冷たく、とにかく入院をすることになりました。

 

消化管が動かず、バリウムが停滞。確定診断ができないまま一週間

 まず初日にエコー検査の結果、肥大型心筋症で不整脈が出ていることがわかりました。少し肺に水もたまっており、血液検査も肝機能、脱水、筋肉や中枢神経系、炎症などの異常値が出ました。

 異物や腫瘍も疑われましたが、判別するため13日に検査で飲んだバリウムが1日以上全く胃から動かず。肥大型心筋症が原因で血流が停滞し、消化管への影響している可能性もあると初日から心筋症の投薬も始まりましたが、依然消化管がほとんど動きません。

 

▽心筋症による不整脈  

▽バリウム投与29時間後ラテ 胃から微動だにしません

 

 血液の再検査で炎症、血糖以外は正常範囲に戻り、肺の水も投薬できれいになりましたが、バリウムが中々消化管に行き渡らないため、胃から先に異変があるかどうか中々確定診断が出ずにおりました。

 また、あさは終日入院していると、臆病で神経質な性格から排尿すら全くなくなってしまうため、3日目から日中は静脈点滴等で入院、夕方に皮下点滴をたっぷりして帰宅後に排便や食欲が戻るか見る、行き帰りにレントゲン撮影の経過を診る、と入院と帰宅を繰り返すことになりました。便については、帰宅してもでず、骨盤を通過しているものも力む力が出ないのか全く出ませんでした。

 静脈点滴をしていない夜間から朝までに胃や腸内にガスが溜まってお腹はすぐにパンパンになります。

 食餌は病院と自宅でほんの少しずつ、ペーストしたものを強制給餌。頑張って歩こうとしますが、お腹も、背中や足も痛いのか、左右にふらついて後ろ足、特に右足が捻じれてしまっています。

 薬の補助があって少しずつ動き腸に流れ出しても、4日経っても、5日経ってもバリウムのほとんどが胃の中にありました。

 

▽バリウム投与116時間後ラテ ガスで2倍近く膨れ上がった胃。まだまだ多量のバリウムが。  

 点滴や服薬のおかげで小康状態を保っておりましたが、老猫のため麻酔など体力的な負荷がかかる開腹や検査は奨められず、対症療法をいつまで続ければいいのか。

 自営業になって在宅のためずっと付き添っていられることが不幸中の幸いでしたが、毎日朝夕2回の病院の往復と帰宅後の看病で、ただでさえ減っている仕事がほとんど手についていないこともあり、先の見えない状態に不安が募ってきました。

 

 

様々な問題が重なったための不調、そして・・・

 不安がピークとなった7日目、漸く少しずつバリウムが行き渡ってきました。

 結果、異物や腫瘍ではなさそうなことが分かったのですが、以前から背骨の椎間板が摩耗してきているため脊髄神経に負担をかけ、そこからくる胃拡張症候群ではないかということでお薬が変わりました。

 また、便の様大きさや量は普通と見られていたものの、一週間排便がなかったためとりあえず骨盤のところまで来ている便を摘便。便からは少し毛玉が出てきました。

 

 その甲斐あってか、まだまだ動きは遅いものの腸全体へ行き渡り…9日目夜~10日目には胃からはすべてのバリウムが出ていきました。(腸には残っている状態)

 さらに9日の夜は、手や器から自ら食餌を摂り、胃にガスが溜まることなく一晩を過ごせたのです。一週間以上痛みやストレスなどでずっとあまり眠れていない様子でしたが、21時には熟睡し始めました。

 10日目の日中は念のため静脈点滴をし、レントゲンもとりましたが、新たに形のある便も作られてきてカリカリも自分で食べたそうで、漸くカテーテルも外して夜から自宅での療養が始まりました。

 今回の症状は心筋症による血流の滞り、肺の水、脊髄から消化管への信号が弱くなっているところに、毛玉が溜まる、排便できずガスが溜まるなど様々な要因が重なった結果、一気に体調が急変したのだろうということです。

 

 お薬を飲んで、お腹もパンパンにならなくなって、あとは食べて力を戻していくだけ。

 

 …だったのですが、‥‥

 

 静脈点滴をやめた2日後、食後5時間経った後、また嘔吐してしまいました。

 コップ一杯分ほど、ほとんどが胃液です。

 

 嘔吐後はすぐに水やごはんを与えるのは危険なので、5時間後、お薬を混ぜて回復期用の缶詰を一口。

 その一口で空えずきをしだしました。先生に電話して相談したところ、強制給餌はやめて、

 薬の苦みからかもしれないと朝まで様子を見ることに。

 

 しかし…。朝になってもまったくお水を飲みませんでした。飲もうとはするのですが、鼻を突っ込むばかりで舌が出ず、飲めていません。そして、やはり吐きそうになってしまうのです。

 水分を吐き出しているのに、自ら摂取することができない状態。脱水になってしまうので、朝イチで病院へ行き、また入院・通院の日々が始まりました。

 

▽4度目の血液検査

 

 そうやって連日連れ出し、食べたくないものを食べさせていることであさは私に不信感を抱いているはずです。

 それでも、迎えに行くときはぴんと顔を上げてぱっちり目を開き、しっかりと私を捉えて頭をこすり付けてくれました。

 

 いつも食べていたカリカリ、ちゅーるやちゅーるスープ、子猫用ミルク、鰹節、ヨーグルト、療法食ペースト、魚のほぐし身…転々と置いた食餌は、数時間おき新しく変えても口をつけないまま。

 自分からお水を少しの飲めたり、飲めなかったり、ちゅーるだけは舐めたり、それすら受け付けなかったり。

 

 7/26の日中の入院後、夜からストレス緩和による寛解を期待してお薬の種類と回数を減らし、翌日から自宅での静脈点滴を始めることになりました。

 しかし、帰宅後の夜に激しく嘔吐してしまい、先生に相談の上すぐに点滴をしようとしたところ、カテーテルの中で血が固まってしまったようで、結局7/27の朝に入れなおしてもらって点滴を始めました。

▽7/26 自宅で点滴を始めて7時間経過。見えにくいですが箱の中で眠っています

 点滴で落ち着いた頃にシリンジで食餌を与えようとしたところ、それでもまた大量に胃液を嘔吐。夕方になっても、食べ物の匂いが鼻先にきただけでえずいてしまいます。

 朝帰宅後にほんの少し自分でお水を口にしてくれただけで、丸一日ほとんど絶水絶食状態でした。

 2週間で3.5kgから2.8kgに… 

 これを書いている今現在も、些細な変化に一喜一憂を繰り返しています。

 

 

 

◆これから◆                                 

  もしこのまま強い吐き気止めを点滴しているのに食べ物にえずいて嘔吐してしまうようなら、 年齢かも。血圧も低くカテーテルを入れるのも難しくなっており、これ以上は可哀そうかもしれない、…ということもお話がありました。

 私自身、何日も自力でほとんど食餌を求めないあさを見て、その思いがよぎらなかったわけではありません。

  それでも、 まだ自分で歩こうとして、外の景色に興味を示して、空振りでもお水を飲もうとするあさを見ていると、完全にあきらめることはどうしてもできません。

 入院・通院をやめて、自宅での点滴して、それ以外にも、まだ負担を減らしてできることはあるはずと模索しています。

 

▽7/24 自宅輸液をする前。大半が普段は行かないような隅っこへ。

 

 日に日に痩せて体が小さくなっていくあさを見ていると、不安で涙が出ることもありますが、

12歳なんてまだまだ短い、化け猫になってでもいいから、可能なら私の寿命を半分わけて、死ぬ時まで一緒にいたいという気持ちを強く再認識しました。

 

  健康診断から半年の間にこんなに不調が重なる状態にしてしまったこと、本当はもっと前から我慢させてしまっていたかもしれないこと、気の休まない日々を送らせてしまっていること、こんなに不甲斐ない飼い主で本当に申し訳が立ちません。  

 病ともうまく付き合っていけるよう食欲を戻して栄養をつけ、他の疾患に注意しながら、またのんびりと穏やかに暮らしてもらいたいです。

 

 

2022/7/27 中村りえ

 

 

◆補足事項◆                                 

■掲載している資料については、ガイドラインの通り病院の許可を取っております。

 

■万が一にもないと信じておりますが、プロジェクト期間中にもしもがあった場合…ご支援金はこれまでの治療や葬いのための費用の一部として充てさせていただきたく存じます。

 

■プロジェクト実施完了までの間に、治療方針や治療の要否に変化が生じた場合、支援者の皆様、READYFOR事務局に速やかにお伝えします。

 

■ペット保険による補償はございません。

 

■本クラウドファンディングに関するお問合せは以下までご連絡ください。
連絡先:中村りえ【10asa0301ri@gmail.com】

ーーーーーーーー

READYFOR事務局:ペットの治療費用を集めるクラウドファンディングに関しては、以下のガイドラインもご確認ください。
ペットの治療費用を集めるクラウドファンディングに関する当社の考え
https://legal.readyfor.jp/guidelines/launching_project/pet_care/
ーーーーーーーー

プロジェクト実行責任者:
中村りえ
プロジェクト実施完了日:
2022年12月31日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

引き続きあさが元気なってくれるよう治療を続けてまいります。頂いた支援金は、7/11以降の入院、点滴や内服薬などのお薬、各種検査などの治療費に充てさせていただきます。

プロフィール

体調の急変後、胃腸の動きと食欲が戻らない猫の『あさ』にご支援を乞うため、登録しました。経過のご報告を始め、オリジナルバッジや2Dで動くお礼カード、SNSアイコン制作など、私にできることでのリターンをさせて頂きますので、ご支援いただける方のお力添えをお待ちしております。

リターン

500+システム利用料


【お礼写真・ご報告】■500

【お礼写真・ご報告】■500

■あさの写真付きお礼のメールをお送りさせてください。
■メールをお送りする時点のあさの様子もご報告させて頂きます。

支援者
0人
在庫数
-
発送完了予定月
2022年10月

500+システム利用料


リターン不要■500

リターン不要■500

■リターンメール不要の方、この場のメッセージのみとなるのが恐縮ですが、本当に本当にありがたくお気持ちを頂戴いたします。

支援者
0人
在庫数
-
発送完了予定月
2022年9月

1,000+システム利用料


【お礼写真・ご報告】1000

【お礼写真・ご報告】1000

■あさの写真付きお礼のメールをお送りさせてください。
■メールをお送りする時点のあさの様子もご報告させて頂きます。

支援者
2人
在庫数
-
発送完了予定月
2022年10月

1,000+システム利用料


リターン不要■1000

リターン不要■1000

■リターンメール不要の方、この場のメッセージのみとなるのが恐縮ですが、本当に本当にありがたくお気持ちを頂戴いたします。

支援者
3人
在庫数
-
発送完了予定月
2022年9月

3,000+システム利用料


【お礼写真・ご報告】+【サポーターバッジ(共通)】

【お礼写真・ご報告】+【サポーターバッジ(共通)】

■あさのお礼写真、あさの様子のご報告。
■サポーター様バッジ(デジタル画像)を進呈。
 デザインは異なる場合がございます。
 詳細は本文にあるリターンの項目をご確認ください。
上記をメールにて送付させて頂きます。

支援者
0人
在庫数
-
発送完了予定月
2022年10月

3,000+システム利用料


リターン不要■3000

リターン不要■3000

■リターンメール不要の方、この場のメッセージのみとなるのが恐縮ですが、本当に本当にありがたくお気持ちを頂戴いたします。

支援者
1人
在庫数
-
発送完了予定月
2022年9月

5,000+システム利用料


【お礼写真・ご報告】+【名前入サポーターバッジ★】

【お礼写真・ご報告】+【名前入サポーターバッジ★】

■あさのお礼写真、あさの様子のご報告。
■名前入りのサポーター様バッジ(デジタル画像+NFTアート)を進呈。
 デザインは異なる場合がございます。
 詳細は本文にあるリターンの項目をご確認ください。
 NFTアートは別途サービスのアカウントが必要です。サービスは未定(追って記載)です。
上記をメールにて送付、ご案内させて頂きます。

支援者
0人
在庫数
-
発送完了予定月
2022年10月

5,000+システム利用料


リターン不要■5000

リターン不要■5000

■リターンメール不要の方、この場のメッセージのみとなるのが恐縮ですが、本当に本当にありがたくお気持ちを頂戴いたします。

支援者
2人
在庫数
-
発送完了予定月
2022年9月

10,000+システム利用料


【お礼写真・ご報告】+【名前入サポーターバッジ★★】+【動く!お礼カード】

【お礼写真・ご報告】+【名前入サポーターバッジ★★】+【動く!お礼カード】

■あさのお礼写真、あさの様子のご報告。
■名前入りのサポーター様バッジ(デジタル画像+NFTアート)を進呈。
 デザインは異なる場合がございます。
 詳細は本文にあるリターンの項目をご確認ください。
 NFTアートは別途NFTサービスのアカウントが必要です(サービス未定、追って記載)。
■スマホ画面であさが動く!お礼カード(デジタル・2Dイラスト)
 写ったあさをタップすると…?
上記をメールにて送付、ご案内させて頂きます。

支援者
0人
在庫数
-
発送完了予定月
2022年11月

10,000+システム利用料


リターン不要■10000

リターン不要■10000

■リターンメール不要の方、この場のメッセージのみとなるのが恐縮ですが、本当に本当にありがたくお気持ちを頂戴いたします。

支援者
0人
在庫数
-
発送完了予定月
2022年9月

50,000+システム利用料


【お礼写真・ご報告】+【名前入サポーターバッジ★★★】+【動く!お礼カード】+【SNSアイコン制作】

【お礼写真・ご報告】+【名前入サポーターバッジ★★★】+【動く!お礼カード】+【SNSアイコン制作】

■あさのお礼写真、あさの様子のご報告。
■名前入りのサポーター様バッジ(デジタル画像+NFTアート)を進呈。
 デザインは異なる場合がございます。
 NFTアートは別途NFTサービスのアカウントが必要です(サービス未定、追って記載)。
■スマホ画面であさが動く!お礼カード(デジタル・2Dイラスト)
 写ったあさをタップすると…?
■SNSアイコン制作(ご自宅の猫ちゃん等動物、人物不可)
 こちらは著作権譲渡。ご自由な用途でお使いいただけます。
詳細は本文にあるリターンの項目を必ずご確認ください。
上記をメールにて送付、ご案内させて頂きます。

支援者
0人
在庫数
-
発送完了予定月
2022年12月

プロフィール

体調の急変後、胃腸の動きと食欲が戻らない猫の『あさ』にご支援を乞うため、登録しました。経過のご報告を始め、オリジナルバッジや2Dで動くお礼カード、SNSアイコン制作など、私にできることでのリターンをさせて頂きますので、ご支援いただける方のお力添えをお待ちしております。

あなたにおすすめのプロジェクト

国内外の緊急災害・人道支援にご支援ください!! のトップ画像

国内外の緊急災害・人道支援にご支援ください!!

認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム

#国際協力

継続寄付
総計
7人

注目のプロジェクト

NEW
コンサドーレ×赤い羽根募金|みんなの力で福祉施設にクルマをおくろう のトップ画像

コンサドーレ×赤い羽根募金|みんなの力で福祉施設にクルマをおくろう

社会福祉法人 北海道共同募金会社会福祉法人 北海道共同募金会

#子ども・教育

36%
現在
734,000円
支援者
61人
残り
30日

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする