豪雨により壊滅的被害を受けながらも、いくつかの商品は奇跡的に浸水することなく、残っていました。
ただ、ラベルは全て浸水して張ることができません。

 

それでも、いつも旭醤油を使っていただいている方々が
「中身が変わらないなら汚れているものでもいい」
「この醤油しかいけんのです」
「なくなると困るんや」
と言って、買って頂いています。

 

「この醤油しかいけんのです」
「このお醤油しかいけんのです」


このようなお言葉が一番の励みになります。

 

先代たちが築いてきた、お客様との信頼関係を守るためにも、再起しなければという想いが強くなりました。

 

いつもの醤油を
待っていてくれる人たちに届けるために

 

引き続きご支援・応援よろしくお願いします。

新着情報一覧へ