プロジェクト概要

2010年より、こどもたちの創造活動の場を、社会の様々なフィールドに提案。そこには想像をはるかに超える驚くべき世界が広がっていた。ぜひ、まとめた本300部を出版したい!

 

人は誰しも、自分自身を見つめ返したとき、

そこに「こども」を見つけるのでは?
本質を問いかけ、固定概念を覆し、新しい可能性を創造する。

 

はじめまして、NPO法人こどもアート代表のかとうゆみです。

アートを通して、こども~大人まで、誰もが自由に表現し、創造のできる機会を、社会の様々なフィールドへ提案しています。

近年は、企業からの素材や端材を利活用、自由に創作を楽しめる場「あそなびフェスティバル」を開催。その場にいるだけで「いいこと考えた!」みんなの想像が溢れだし、オブジェや楽器、衣装にダンス、ワクワクの輪が広がり、のちに祭りとなりました。
 

(ここは、まるでマテリアルの森。無限大のおもちゃ箱)

 

また、都会の親子が田舎を訪れる「こども×まち×田舎プロジェクト」

こどもの目線が、過疎化する農村のイメージをがらりと変え、そこがファンタジーの世界に!遊びの天国に!
 

 

(田んぼの中を思いっきり駆け回ってあそぶこどもたち。)

 

 

そこで、これまでの活動をまとめた本を出版したいと考えています。
みなさまには2015年3月の完成に向けご支援をお願いします!


今回、制作する本の内容は、こどもアートの活動の場から感じたこと、印象的なエピソード、役立つアイディア、ユニークなワークショップレシピ等を盛り込んだ、オリジナル本。
絵と言葉を織り交ぜ、温かくて、柔らかい、「こどもゴコロ」がそそられるような作品(一部英訳)です。

 

キーワードは、「あそなびasonabi」
「遊び」「学び」の造語。共通する「美」は、アート、クリエイティビティ。遊びながら学ぶことは楽しいから、もっと遊びたくなり、もっと学びたくなる、そんな生きる力、創造のエネルギーに溢れている。こどもは、まさにこの状態。

 

こどもたちがイキイキと輝く姿は、大人たちの豊潤で柔軟な感性、「こどもゴコロ」を呼覚まし、その場や出来事をエンパワーメント。生きがいの創造、人や自然との繋がり、生き方、暮らし方を見直すきっかけを導いています。

 

(こどももおとなも一緒になって、あそなび!)

 

「こども」の存在が大人を動かし、変えていく。場の空気を変える。

 

こどもも大人も一緒に、遊びに没頭できるシンプルな瞬間。
かつての「こども」が蘇る!

それは、自らを豊かにする術となる。
それが、あそなびasonabiの力。

 

(こどもは未来。いろんなメッセージを発信してくれる。)

 

私は、かつて何のために生きているのか?答えを探し求め、心の病に苦しんでいました。そんなある時、アーティストと出会い、こどもたちとアートをすることに。

こどもたちの純粋で無垢な姿、物事の捉え方や対話の仕方に、心と身体がつき動かされた。感覚が拓かれ、解けていく。

見方がガラリと変わり、私も変わった。

心の病が治まり、生きることが楽になっていたのです。

 

これはすごい!この力を社会に届けたいと、こどもアートの活動を始めました。

 

(つくったものを、動かしてみよう!)

 

今を生きる「こども」の存在、そして、おとなの中の「こども」、
それは、想像をはるかに超え、驚くべき何かを与えてくれる、

見せてくれる無限の存在です。

世界を変える第一歩、すべてのひとの内にある「こども」と向き合ってはいかがでしょうか?

 

こどもに気づき、未来をきずく

 

多くの問題がのしかかるこの世界において、迷い・悩み・疲れ果てた大人へこの本を届けたいと思います。みなさま、どうぞご支援、よろしくお願いします!

 

*NPO法人こどもアート*

http://asonabi.com/

*かとうゆみ TED×Kyoto出演映像*

http://youtu.be/VatKJDP60lM

 

*引換券のご紹介*
サンクスレター
出版する本1部
出版する本への支援者様のお名前掲載
出版報告会への参加券
*参加費、会場までの交通費は、支援者様ご自身での負担となります。