プロジェクト概要

 

キャンヘルプタイランドはタイを支援して20年。今度はカンボジアでトイレをつくりたい!

 

 

はじめまして!特定非営利活動法人キャンヘルプタイランドの坂 茂樹です。私たちは、20年以上前からタイの貧困地域に住む子どもたちに、奨学金支援、学校校舎建設支援、給食支援、図書支援などの活動を広げてきました。

 

そして私たちは、2017年からタイから広げ、カンボジアの小学校へトイレを支援する活動も開始しました。

 

今回は、カンボジア バッタンバン州 サンパオルン郡にある小学校のトイレ不足で困っている子どもたちへ「清潔なトイレ」を届けるためにプロジェクトを立ち上げました。

 

皆さまからご支援していただいた資金は、資材購入費、建設人件費として大切に使わせていただきます。どうかカンボジアの子ども達のために暖かいご支援をよろしくお願い致します!

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
応援よろしくお願いいたします!

 

 

タイ支援で培ったノウハウをカンボジア支援に生かしたい!

 

 

2015年8月、ひょんなことからカンボジアの小学校を視察する機会に恵まれました。そのとき目の前に広がるカンボジアの小学校の風景は、まさに20年前のタイのの小学校とシンクロするものでした。

 

ゴミが散乱している校庭、石ころがゴロゴロしている校庭で裸足でサッカーをする子どもたち、小さな妹や弟を抱っこしながら授業を受ける子ども、20年前のタイで目の当たりにした景色が、まさにカンボジアにもあったのです。

 

 

20数年前、タイ政府の突然の教育改革により、生徒の人数が急激に増え、タイの学校は教室不足、教員不足などが深刻な状況になりました。

 

そこでキャンヘルプタイランドでは、学校校舎建設や奨学金の支給などを行ってきました。

 

タイで支援してた学校の数は、みなさまからのご寄付のおかげで、2017年までで約50校になりました。学校校舎だけでなく学生寮、食堂、図書館、幼稚園棟などの建設も行ってきました。また、奨学金の支援も総額5,000万円以上になります。

 

 

キャンヘルプタイランドの支援開始から20年を経たタイでは、子どもたちの教育環境は大きく改善されました。タイ国の経済発展と少子高齢化にともない、教室不足の学校や経済的に進学できない子どもたちの数は大幅に減少しました。

 

私たちは、タイ支援で培ったノウハウをそのままカンボジア支援に生かせると確信しています。 まずは、まだまだ不足している小学校へのトイレ支援を開始します。

 

トイレの中。汲み取り式で衛生面もとても悪い状況です。

 

 

300名以上の生徒に対し、トイレはたった2部屋しかありません。

 

 

現在、カンボジアの小学校の多くが、教室不足や先生不足を補うために二部制をとっています。今回支援を行う予定のベントレット学校でも、全校生徒約333名ですが、そのうちの約150名が午前8時から11時、残りの児童が午後1時から午後4時までの二部に分かれて勉強しています。

 

カンボジアの田舎では、5教室棟が1つとトイレ2部屋のセットというのが、標準的な小学校のスタイルですが、近年、児童の数が大幅に増え、教室やトイレの不足がとても深刻な問題となっています。

 

休み時間になると子どもたちが一斉にトイレを使用しますが、男女の区別はないので、男子児童はトイレの裏に行って外で用を足すことも多いのが現状です。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
300名以上の生徒に対してトイレは2部屋

 

 

今回皆さまのご支援で行う支援内容

 

キャンヘルプタイランドでは、将来的な奨学金支援や教室棟支援も視野に入れながら、まずは少額で支援可能なトイレの建設を進めることにしました。 井戸水を利用した清潔な水洗トイレを作ることにより、カンボジアの子どもたちの教育環境が少しでも改善できればと考えます。

 

支援対象校:バッタンバン州サンパオルン郡ベントレット学校

生徒数:333名(二部制)

建設物件:トイレ4部屋


 

 

 

第1回トイレ支援を行いました

 

今回皆さまのご支援でトイレ建設を行う前に、2017年3月にテストケースとして今回の支援校と同じ地域のタサダ小学校に4部屋トイレを建設しました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
タイル張りのきれいなトイレが完成しました。

 

建設費を節約するため大きな建設会社へ発注するのではなく、学校周辺に住む村人で建設作業のできる人を雇い、建設資材も学校長が業者から直接購入しました。授業の空き時間には児童も建設作業を手伝いました。

 

この学校は、キャンヘルプタイランドから3,000ドルを支援しましたが、不足分の資金は学校の先生方をはじめ、PTAや村人からの寄付金が当てられました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
トイレができタサダ学校の子どもたちも喜んでいます。

 

 

トイレ支援を足掛かりに本格的なカンボジア支援へ

 

 

トイレ支援により、カンボジアの子どもたちの衛生意識の向上を図り、感染症などの病気を予防し、みんなが元気に学校へ来られる状況を作ります。

 

近い将来、カンボジアの小学校が完全に全日制となるとき、今のままでは教室不足になります。そのタイミングに合わせて、キャンヘルプタイランドが校舎の建設支援をできればと考えています。また、奨学金の支援を行うことにより経済的に小学校へ通えない子どもたちが学校へ行けるようにしていくこともしていきたいと思っています。

 

カンボジアの子どもたちが少しでもよい環境で勉強でき、健康に育っていくことを願います。どうかご支援よろしくお願い致します!

 

ご支援をよろしくお願いいたします!

 


最新の新着情報