プロジェクト概要

過疎化が深刻化している世界農業遺産・能登の里山里海など豊かな自然を擁する石川県の里山の魅力を届けるフリーマガジンを製作したい!

 

こんにちは!「学生×里山 フリーマガジン atetote」の編集長の上野圭です。1年前から里山の魅力にはまり込み、カメラマンとしてatetote編集室に入ってから現在は編集長として、自然豊かな石川県の里山を紹介するフリーマガジンの製作に携わっています。 石川県には加賀・能登問わずたくさんの里山地域が存在していることをご存じですか?なかでも能登の里山里海は世界農業遺産に登録されるほど、今世界的にも注目されつつあるスポットなのです。

 

しかし、その製作費用が不足しているのが現状です。とにかく多くの人に里山の魅力を知ってほしい。そのお手伝いをしていただけないでしょうか?

 

 

 

失われつつある美しい里山。絶対に失いたくない里山。だからこそ、まずはその現状を知ってほしい。

 

今里山地域は多くの課題を抱えています。とくに深刻化している問題が過疎化に伴う人手不足。いま里山は若い力、学生の力を必要としているのです。 そんな中、学生は里山についてどれくらい知っているのだろうか。どうしたら里山に関心をもってもらえるのか。そう思った私たちは「学生が学生に伝えたい里山」をコンセプトに、私たち学生だからこそ伝えるフリーペーパーを発行しています。 

 

美しい里山が失われてしまないように、皆さまの暖かいご支援をいただけましたら嬉しいです。どうかよろしくお願いいたします。

 

(里山に関わる人たちみんなで撮った一枚!ご支援よろしくお願いします!)

 

 

たくさんの人に訪れてほしい!「学生×里山 フリーマガジン atetote」はそのきっかけを作れます!

 

2011年から始動したatetoteは5号まで発行してきました。発行を続けることで里山に暮らす人々の里山に対するこだわりや魅力、里山が直面する現状などを考えることができ、少しでも読者である学生に里山を身近に感じてもらうための働きかけを行ってきました。


そんなatetoteは最近では冊子という枠を超えた活動も増え、SNSを通じた情報発信や里山地域のPV制作など多岐にわたっています。いまの学生、いまの里山のかけ橋となるべく日々活動しています。

 

(みんなで農業体験!街中ではできない自然に触れ合う経験は貴重です!)

 

 

里山の魅力を届け、里山に来てもらう。そしてみんなで一緒に美しい里山を守る。そんな未来を作っていきたいと思っています。

 

豊かな自然、美しい景色はもちろんですが、たくさんの問題を抱えた里山。まずはその現状について知ってもらうのが第一歩だと思っています。できることなら実際に来て感じてほしい。それを可能にできるのがこのフリーペーパー「atetote」だと考えています。石川県内の学生と里山地域で頑張る方々、そして地域の魅力をつなげ、里山地域を活性化させることができれば、美しい里山を守ることができる。少なくともその一端を担うことができると考えています。

 

私たちの活動は2012年に始まりましたが、現在は10月に予定されている第6号の発行のためにメンバー一同奮闘しております。過去に掲載した本誌の企画では、誰でも気軽に里山に来てもらえるように考えられた里山デート特集や、里山の食や飲み物に関しての特集を企画し、ご好評をいただきました。今号のatetoteでは、石川県の県都である金沢市からも近い白山市の里山の魅力や現状、問題点について伝えたいと思っています。

 

 

今秋発行予定の第6号では「水」をメインテーマとし、白山市を流れる手取川をフォーカスしています。手取川の紹介やその水を使った飲食店の紹介、また、里山のことを読者に考えてもらうための「里山thinking」という企画も。

 

少子高齢化による集落の過疎化や、里山の生態系の変化による獣害といった里山の問題点や現状などを読者に問題提起するようなコーナーもあります。今回であれば手取川の治水対策やホタルの減少について、現地の方や展示館の職員さんに取材しながら記事を作成していく予定です。 フリーマガジンを製作するために以下の場所へ取材に行く予定です。 

 

 ・山島ホタルの会
 ・金沢河川国道事務所
 ・奥野農園
 ・白山砂防科学館
 ・そば屋 山猫
 ・石川ルーツ交流館 (敬称略、順不同)

 

 

 

美しい里山を守りたい!ぜひご支援のほどよろしくお願いいたします!

 

里山を知ってもらう為に日々活動しているatetoteですが、より質の高い冊子を制作し、より多くの人に読んでいただく為には誌面のデザインに用いるOA機器やそれらのソフトウェア、また撮影機材などを必要としています。これまでは制作メンバー各個人のものを使用していましたが、学生の団体であるので頻繁なメンバーの入れ替わりにより制作体制は不安定なものにならざるを得ません。そこで編集室として制作のための資機材を導入するために、50万円がどうしても必要です。

 

フリーマガジンをきっかけに、里山について知り、里山のために行動してくださる方々を少しずつ増やしていきたい。それは後々大きな力となり、里山を守ることに繋がると思っています。そのためのお手伝いをみなさんにお願いしたいと思っています。ご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。
 

 

引換券について

ご支援いただいた方には以下の引換券をお送りいたします。

・サンクスレター

 

・atetote第6号(10月発行予定)

 

・atetote第6号もしくは第7号へ、ご芳名とメッセージ掲載

 

・石川の里山の農産品atetoteセレクションタイプA / タイプB

 

「石川の里山の農産品atetoteセレクション」では、過去にatetoteで取材した金沢市東原地区の農産品を中心にお送りしたいと考えています!

(過去に取材した野菜をお送りします!※写真はイメージです!)

 

※時期的にお米がメインになりますが、他にも秋に調達できる農産品があればそれらも含めてお届けしたいと考えています。しかし農産品である以上、収穫時の状況により、お届けできる野菜の種類に変更がある点のみご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

 


最新の新着情報