プロジェクト概要

地元の皆様と一緒に、まずは御座白浜での新たな第一歩を

 

はじめまして。ビーチレクリエーション協会代表の大山毅です。私は10年前に、いわゆる派遣切りで退職を余儀なくされ、新しく仕事につくまでの時間を、自分を育ててくれた地元三重県志摩市に恩返しができないかと考え、コンシェルジュ志摩として、地元と他の地域を繋ぐ架け橋となったり、自転車競技の普及を行う団体の代表として地域の活性化に取り組んできました。

 

それから10年間活動してきた中で、私と海の関りは切っても切れないものだと気づきました。私が過ごした青春の良き時代には、海水浴場での輝かしい思い出がいっぱいあります。そんな海水浴場も、今は過去の栄光もなくひっそりとしています。そこで私は、「もう一度活気あるビーチに戻ってほしい!」と思い、ビーチレクリエーション協会を立ち上げました。

 

ビーチで楽しめるスポーツは多く、ビーチテニスやビーチヨガ、ビーチサッカー、ビーチバレー、ビーチフラッグなど、誰でも手ごろに取り組みやすいものが多くあります。こうしたビーチスポーツを普及することで、ビーチの新たな活用につながればと考えます。

 

今回は、ビーチレクリエーションイベントを今後認知していただくためのグッズを制作をしたいと思っています。ビーチレクリエーションに参加する方や、広げていく方を増やし、地域の活性化に繋げたいと思っています。

 

まずは御座白浜での新たな活動の第一歩を、地元の皆様と一緒に踏み出したいと思っています。どうかご支援・応援のほど、よろしくお願いいたします。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
熊野市新鹿海岸

 

 

かつてのような活気あるビーチを取り戻したい

 

このプロジェクトを立ち上げたきっかけは、まず、海水浴場として低迷しているビーチを活用して昭和後期のような活気あるビーチを取り戻したいと考えたからです。

 

昭和後期の御座白浜海水浴場では、ビーチがパラソルで埋め尽くされていました。多い時には「和具」まで6~7kmほど渋滞で進まなかったくらいです。当時は、私もよく渋滞に巻き込まれ、駐車場から出られず、会社に遅刻することもあったくらいでした。大変ではありましたが、やはり地元が賑わっているのは嬉しいものでした。

 

地元の衰退はとても悲しく思います。何もしなければ拍車がかかり、より衰退のスピードは速くなるだけですから、今は私にできることで、少しでもそのスピードがゆるやかになればともがいています。

 

私がビーチレクリエーション活動に大きく動くことになったのは、現在、ビーチテニスの日本ランキング3位、世界ランキング37位の柴山葵さんとSNSで出会ったことでした。柴山さんが三重県出身で、三重県でもビーチテニスが広がってくれたら嬉しいと話してくれたことに共感し、ビーチテニスだけじゃなく、その他のビーチレクリエーションも取り入れることで一層の盛り上がりをみせてくれればという願いから、この構想につながりました。

 

 

 

他の地域でも、賑わいをつくっているビーチレクリエーション。

オリジナルグッズを着て付けて、一緒にPRに参加しよう!

 

今回のプロジェクトでは、2019年9月6日までに、ビーチスポーツ普及・PR用のTシャツ・アームカバーを100セット、スポーツキャップ・リストポーチ・スポーツタオルを50セット作成し、ビーチスポーツの普及に努めていきたいと考えます。

 

ビーチレクリエーションには、さまざまな人気種目があります。昨今ではビーチバレーやビーチサッカーなどが親しまれており、たくさんの大会が開催されています。一例ですが、大阪のふれあいの水辺、桜ノ宮ビーチではいろんな種目のビーチスポーツが盛んに行われています。平日は地元の方々が楽しまれ、土日祝日は市外府外からも足を運ばれており、常に賑わいのあるビーチになっているそうです。

 

競技性よりも、楽しむことを重要視していることから、誰でも取り組みやすいものとなっているため、老若男女問わず楽しまれています

 

これまで参加された方々からは、以下のようなお声をいただいております。

 

「取り組みやすく、大きな疲労感もなく、心地よい運動になっている。」

「こんなにも楽しいと思わなかった。ぜひまた参加したい。」

 

ぜひこのビーチレクリエーションを御座白浜でも普及し、より多くの方にビーチに足を運んでいただくために、ビーチスポーツ普及・PR用のオリジナルグッズを作成し、ビーチスポーツの認知度や参加者の向上に努めていきたいと考えます。

 

 

 

ビーチレクリエーションで利用者を増やし、県内外の集客に!

 

今回のプロジェクトを通して、ビーチは海水浴だけじゃないということを知っていただくとともに、ビーチテニスやビーチヨガなど、いろいろな楽しみ方ができるということをたくさんの方々に知っていただきたいです。

 

三重県は、半分を海に囲まれています。そしていくつもの有名な海水浴場がたくさんあります。私自身小さい頃から海で育ったこともあり、この環境を活かしたいと考えました。

 

また、当時日本ビーチテニス連盟の支部が三重県になく、これだけの素晴らしい環境なのに三重県にないのはもったいない話だと思い、この挑戦をより地元をアピールする機会にしたいと思いました。

 

そして、ビーチレクリエーションの場としてビーチを活用していただく方を増やし、かつてのように盛り上がっている状態を県内外に発信し、低迷している観光地としての活気を取り戻すきっかけに繋がることを願っています。

 

重ねてになりますが、どうかご支援のほど、よろしくお願いいたします。

 

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)