初めまして、きのくに和歌山湯浅の蔵野製材株式会社の蔵野裕之(くらのひろゆき)と申します。代表の誉田さんより今回のご依頼を受けた時には全く何の事かわからず“何(・)か(・)の(・)窓枠”を作るということだけは理解していました。

その後活動の様子をSNS等で拝見させていただきました。多くの方がキハ2号の修復に参加し、いろいろなイベントを通じて徐々に修復が進んでいることがようやくわかってきました。特に、皆さんでペンキを塗り、汚れて、いまにも朽ち果てそうなキハ2号がキレイに『よみがえった』のは一番印象に残りました。

蔵野製材様には良質なきのくに和歌山産の木材を使ってキハ2号の窓枠部材を製造いただきます。ション

 

今回窓枠の修復の一端である部材の製作にかかわります。また1つ『よみがえり』を手助けできる事には少し興奮を覚えています。

このクラウドファウンディングが成功し、修復が一歩前進することを祈っています。  

  和歌山県有田郡湯浅町湯浅735-1  蔵野製材株式会社 蔵野裕之

新着情報一覧へ