みなさん、こんにちは!

”阿蘇び心”のよしざわ(じゃけん)です。

 

最近毎日、いえ!一日に何度も何度もクラウドファンディング

ページをみながら、その度にメッセージ

リターン協力が増える事に喜びと共に身が引き締まる思いです。

今出来る事を今行う事でこの取り組みが目標達成されるように

気持ち入れて取り組みます。引き続きお力添え

ここを見て頂き、動きを共有頂ければ幸いです。

 

今日はリターンにある謎の?

小説誕生についてお話します。

 

私じゃけん、毎年1つ新たな趣味を始める事にしています。

 

前々からコラム、活動する取り組みを

たまに雑誌などに掲載頂いております。

 

最近では山のぼり雑誌へ”阿蘇び心”の出来事を

1年間定期連載(季刊誌)させて頂く機会もあり

文章を書く機会も増えてきました。

 

「なんか、もっと長い文章チャレンジしたいなぁ」

そう思いながら

原稿用紙250枚を超える小説”書きました。

タイトルそのまま「ゲストハウス」

これ大好きな”阿蘇が舞台”

しかも!登場人物も場所も全てノンフィクション!

そう!タイトルのゲストハウスとは”阿蘇び心”阿蘇店が舞台です。

考えてみたら、あのゲストハウスが形に残った唯一の記録。

 

これは賞に応募するしかない!

と張りきってすぐに新人賞に投函。

それからワクワクして待つこと数カ月後、ついに結果発表

 

そこに私の名前は……ありません

やむなく小説は1作で引退しましたが、当初は

「せっかくだから、自費出版しようかな?」

と考えていた事も。

 

その後に春を迎え……

 

それが今回クラウドファンディングを行うにあたり

「そういえば!リターンでオーナー小説は

これまでみたことないよね?」インパクトあるかも!

 

よくよく考えると、自分自身かなり勇気いりましたが

「ここでしか手に入らない、私の小説」

(うちのスタッフにはこれは

よく出来た作文です)と言われた迷作!?

 

これを今回リターンにさせて頂きました。

 

現時点で33部予約済!

 

これすごく嬉しいんですが、

それ以上にプレッシャー(大丈夫なのか自分)

観て頂き「おもしろくない!」と言われても……

返品できませんのであしからず。

今回のプロジェクトはAll or nothing形式です。

もし目標額に1円でも達しない場合は小説も幻となります。

そんな怖いものみたさ?でも応援お待ちしています

 

”B&C Gakubuchi”のクラウドファンディング

多くの皆さまのおかげで現在48%到達!

ものすごくパワー感じます!ありがとうございます!!

             「3/13までクラウドファンディング挑戦中!