皆様、温かいご支援と応援を本当にありがとうございます!

今週末までに50%の達成率を目指して頑張ります!!

 

本文でも触れましたが、

「日本での当たり前がカンボジアではそうではなかった」

というお話を少しさせて頂きたいと思います。

 

よくノートを忘れたり無くす生徒がいたので、私は校長先生に相談しました。

すると、校長先生は、

「雨が降ると家の中がびしょびしょになり、ノートもだめになってしまうこともある。兄弟がいる生徒が多いので、無料で配布されたノートを兄弟が使っていることもある。」

と言いました。

 

それが現状でした。

 

日本でノートがないことを雨のせいにはできないけど、

カンボジアではそれが当たり前に起こるんです。

それが普通なので、困った様子もなければ、嫌そうでもないんです。

 

でもだからって仕方ないね、で終わってしまうと

それで終了ですよね。

 

うーん、、と考えてしまいます。

学校にノートを置いて帰ると宿題は出せないし。

なので解決できないまま、私は帰国することになったんです。

 

でも来月戻ったら、ノートはやはり学校に置いて帰らせようと思っています。

 

全てをパーフェクトにはできない環境です。

その中で出来るベストを考え、実践してみることしか出来ません。

でもその一歩一歩が、子供たちの成長する過程で

役に立つものになることを心から祈っています。

 

皆様の応援がいつも励みになっています。

本当にありがとうございます。

最後まで精一杯頑張ります!!

 

鈴木由香里

 

 

新着情報一覧へ