クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

被災した岩手の子どもたちへ世界で一つのクリスマス絵本をプレゼント

なるしゆうさく

なるしゆうさく

被災した岩手の子どもたちへ世界で一つのクリスマス絵本をプレゼント
支援総額
192,000

目標 400,000円

支援者
24人
残り
終了しました
募集は終了しました
3お気に入り登録3人がお気に入りしています

3お気に入り登録3人がお気に入りしています
2013年08月29日 08:01

母校へ

みなさんおはようございます。

なるしゆうさくです。

9月1日から10日程、実家のある奈良県桜井市に里帰りしてまいります。

とはいえ

正直ずっと思っているのは東北から一歩外へ出れば

震災に対して風化していく状況は正直辛い事です。

だから「ただ里帰り」するのだけはやめよう、と思っていて

2ヶ月ほど前母校である初瀬小学校へ電話をさせていただきました。

「震災のこと、こどもたちのこと、お話させていただけませんか?」

小学校の教頭先生はご自身も2011年に支援活動のため岩手へ来てくださっていたとの事でした。

お話させていただく中

9月4日の防災訓練の日に全校生徒の前でお話させていただく事になりました。

まだ2年5ヶ月です。

まだまだ忘れて欲しくない事です。

風化させないことは、ひいては一人一人の「防災意識」に繋がる事になります。

お父さんが、お母さんが、先生方がこどもたちをしっかり守らなければならない。

被災されたあるお父さんはその事を声を強めておっしゃいます。

こどもたちは日本の未来そのものなんです。

僕たち大人はちゃんとしたバトンをこどもたちに渡さなければならない。

そして未来を担うこどもたちが大人になった時

彼ら、彼女らが次の世代にバトンを手渡す。

そのために今、僕達がやるべきことをやらないといけないと思います。

沿岸部のこどもたちの中には今でも津波の夢を見る子もいるそうです。

お父さんやお母さんを亡くしてしまったこどももいます。

たとえホンの少しでも関わった僕たちはいろんなことを伝えていけないと思います。

そして

今年のクリスマスにはひとりでもたくさんのこどもたちが

楽しんでくれて笑ってくれて喜んでくれる笑顔のサプライズをいっぱい詰め込んだ

クリスマス絵本をプレゼントしに行きます。

皆様のご協力が三陸のこどもたちの笑顔に繋がります。

こどもたちへの笑顔のためのご支援、宜しくお願い致します。

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

◆お礼のメール
◆ポストカード
◆当日の様子をお知らせするチラシ

支援者
12人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

◆お礼のメール
◆オリジナルポストカード
◆当日の様子を製本した小冊子
◆クリスマスプレゼント用絵本 1冊

支援者
11人
在庫数
制限なし

20,000円(税込)

◆お礼のメール
◆当日の様子を製本した小冊子
◆クリスマスプレゼント用絵本 1冊
◆手作り本工房ホームページに「協力者」としてお名前を掲載いたします

支援者
2人
在庫数
制限なし

50,000円(税込)

◆お礼のメール
◆当日の様子を製本した小冊子
◆ハンドメイド絵本
スポンサー様のご家族、もしくはご友人、知人の方へのサプライズプレゼントとして、メッセージ入りのハンドメイド絵本を制作させていただきます。

※ハンドメイド絵本については、本プロジェクトの絵本の制作があるため、クリスマス以降の制作ということでご容赦ください。

支援者
0人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする