プロジェクト概要

職場や家庭で悩む方、精神疾患を患ってしまう方。そんなあなたに手に取って欲しい自分ノート!あなたはひとりではありません。

 

皆さんこんにちは!名前を出すことはできませんが、私は大学卒業後に企業に就職をしました。職場での過労やパワハラ、セクハラのため精神疾患になりました。精神病院へ入院後、自宅療養を経て一年で社会復帰を果たしました。

 

自分には社会復帰できた大きな原因は、自分を支えてくれた方がいたからでした。家族やお付き合いをしていた彼氏です。友人は避ける人や、離れていく人もいる中、ずっと寄り添ってくれました。今回多くの精神疾患で悩む方に、私がそばに居て安心させることは出来ないか。そう考え、私の社会復帰までを記した本を制作し、精神疾患で悩む方に届け力になりたい!そう思いました。

 

そこで本の制作に向け、皆様のお力をお借りできないでしょうか?

 

(誰も支えがいない人に、本を届け一人じゃないことを知らせたい)

 

近年急激に増えてきた精神疾患。多くの方を苦しみから救うことができるのではないか?

 

精神疾患とは人間関係のストレス、過労等が原因で発症すると言われています。精神疾患の原因は、未だ十分に解明されていませんが、上記のような理由で不安がマイナス思考を招き、マイナス思考が不安を増悪させるというような悪循環が発生し、症状を引き起こします。近年では精神疾患者数は急激に増加してきていて、多くの方が苦しんでいます。

 

(http://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/data.html  から引用)

 

 

多くの精神疾患の患者を救う為に、本の製作が必要なのです!

 

自分が社会復帰できた大きな原因は、自分を支えてくれた方がいたからでした。家族やお付き合いをしていた彼氏です。友人は避ける人や、離れていく人もいる中、ずっと寄り添ってくれました。一人でも多くの理解者がいることで、大きな安定を得ることが出来ます。私は本の製作を行うことで困ったときはどうすればいいのか。誰にどう頼ったらいいのか。そんな問に答えることが出来る教科書を作りたいと思いました。

 

また自分のような思いを他の人にもしてほしくない。私は、悩んでる人達のきっかけになって欲しいと思い、自分の気持ちに素直になれる本を製作しました。一度精神疾患になってもしっかりと社会復帰することができる。それを私が代弁することができれば、多くの方の勇気になれるのではないかと思いました。

 

(多くの悩みを抱える人の突破口になる本を制作します)

 

 

気持ちがわかる。患者を救えるカウンセラーになりたい!

 

自分が精神疾患になって思ったのは、もっと精神疾患で悩む方を救いたい!ということでした。昨年、キャリアカウンセラーの学校を卒業し、現在は資格取得に向け勉強しています。私が製作した本を資金にキャリアカウンセラーの学校の学費にあてさせていただければと思います。

 

私がカウンセラーになれば、経験者だからこそ伝えられるアドバイスがあると感じています。 私は社会復帰するまで、色々なハードルを越えてきました。私はキャリアカウンセラーの勉強をし、いずれは色々な人達の支援ができるひとになりたいです。それは、経験者として、理解する気持ち同時に、厳しいアドバイスもできるかもしれない。そんな夢がいつの間にかできていました。

 

(迷った時の教科書になる。それが自分ノートです)

 

 

もしあなたやあなたの友人が大きなストレスで悩んでいたら、是非一緒に支えあって欲しい。そんなことを伝える自分ノート

 

私が悩んだ時に、自分で自分自身を支援してきたノートを本にしました。社会復帰し一番感じたことは、自分を自分で支援、コーディネートする力が一番大切ではなのではないだろうか。どんな人にも対応できる、環境にも対応できる人になることが第一歩だと感じました。色々な本があり、アドバイスが書かれてますが、結局は自分に落としこめないと意味はないのではないかと思っています。この本を通して、なにか良いきっかけになればと願います。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆ 引換券について ◇◆◇◆◇◆◇◆
ご支援いただいた皆様にはお礼に下記引換券をお送りします。


¥3,000円を支援していただいた方対象

■サンクスレター

 

¥10,000円を支援していただいた方対象

■サンクスレター

■今回製作する「自分ノート」

 

¥20,000円を支援していただいた方対象

■サンクスレター
■今回製作する「自分ノート」
■製作する「自分ノート」にお名前を記載する権利


最新の新着情報