今日も仮設万石浦団地の集会所には、皆さんが集まっていました。

 

Facebookで万石浦団地からのメッセージを掲載後、より多くの支援が寄せられています。

皆さんとても喜んでいて、ぜひこのプロジェクトを達成させたい!との意欲も伝わってきました。

 

「パソコンは苦手」という木村さんも、他の人からの説明を受けながらマウスを動かし、サイトをチェックするところまでできるようになりました!

 

支援してくださった方の中には、ボランティアで万石浦団地へ来たことのある方も。名前を見つけると、「おお!〇〇ちゃんだ!」とか、皆さんで盛り上がっていました。

知り合いではない方も、皆で「覚えてないなぁ・・・」。

会ったことがなくても、インターネット上でこのプロジェクトを知って応援してくださる方もいることを説明すると、皆さん驚いたような、感じ入ったような顔をしていました。

 

自分の車を持っていて、直接カーシェアリングを利用しているわけではない住民の方々も、カーシェアリング利用者の木村さんや増田さんと一緒に喜んだりそわそわしたりしながらこのプロジェクトの様子を見守っています。

 

「自分が使わなくても、ご近所さんや仲間が利用している」

カーシェアリングが、この団地の移動手段として、つまりこの団地に住んでいる自分達のこととして、皆に認識されているのだと思います。

そんな万石浦団地のカーシェアリング、ぜひとも応援したい。改めてそんな気持ちにさせられる光景でした。

 

プロジェクト達成までもう少し。みなさま本当にありがとうございます!

引き続きご支援よろしくお願いいたします!!

新着情報一覧へ