プロジェクトの目標を達成してからも多くのご支援をいただきました。

スタッフ一同、心より感謝しております。

 

思えば、代表の冨永芳憲はザルツブルク、副代表の香取は千葉、事務局の佐々木憲子とお手伝いくださった佐藤郁子のみが横手と湯沢という、全員が一度も顔を合わせることなく進めたプロジェクトでした。

ネットの時代ならではのことだと思います。

 

さて、これからが本番です。ネットから現実の社会と向き合いながらチェンバロの音を響かせ、フツーにバロック音楽がある街になるようがんばります!

 

ありがとうございました。

新着情報一覧へ