週末に千倉に行き、『千倉グローバルこども交歓会』で千倉で協力くださる、こどもFCのNPO法人スフィーレの理事長 山下忠雄さんと本交歓会の実行委員長の鈴木務さんと打ち合わせしました。

 

場所は千倉中学校の体育館前の廊下。スフィーレFCの卒業試合前に行いました。

 

右から鈴木務さん、山下忠雄さん、著者

 

山下さんは、小学校のときからサッカーを始め、鍼灸師の勉強のあと整形外科の病院で働き、千倉に戻ってきて今は定置網などの漁業を営んでいます。千倉の漁師だけあって、がっちりとしていて、目の奥に優しさがある表情をしていて大変頼りになる存在です。この日は雨だったためあまり魚は獲れなかったとのことですが、普段は、千倉の太平洋沖に仕掛けた定置網を20〜30人の漁師さんとともに引き上げると、アジ、イワシ、サバ、ブリ、ヒラマサ、マグロ、イカなど様々な魚がかかり、千倉港で競りにかけられ、築地や大田市場に出荷されているとのこと。私たちが普段口にしている魚ももしかすると千倉産かもしれません。

 

山下さんは、スフィーレFCでコーチもしており、千倉グローバル交歓会でどのように超!楽しくビーチサッカーができるのか相談しました!これからもご協力アドバイスをよろしくお願いします。

千倉中学校のライオン!
新着情報一覧へ