この度は、「発達課題や生きづらさを抱えた子どもの為の放課後教室を開きたい」にご支援・ご協力を頂き、誠にありがとうございました。

目標金額は30万円でしたが、最終的な支援総額は30万8,000円となりました!!

このプロジェクトにご支援を頂いた皆さま、本当にありがとうございました!!

そして拡散等ご協力を頂いた皆さまに感謝いたします!!

このプロジェクトを通してたくさんの方と知り合うことができ、自分の思い描いていることや、やるべきことをより明確にすることもできました。

そしてなにより、こんなにも多くの方々に支えられ、応援していただけたことが、私にとって一番大きな大きな得たものです。

モニターしてみてわかったことは、発達障害のことが世間に知れ渡ってきたことは喜ばしいことですが、診断にまで至らない、だけど普通学級で困難さを抱えている、というグレーゾーンの発達凸凹の子と親にとって、行き場がないことでした。

診断の有無に関わらず、学校や地域で生きづらさや息苦しさ、しんどさを抱えている子ども達がホッとできるような教室にしたいと思っています。自分のことを理解して丸ごと受け止めてくれるタッチカウンセラーは、子ども達にとっても、親御さんにとっても、頼もしい存在となることと思いますし、一人一人のニーズに合ったサポートを手厚く続けていきたいです。

今後も大人も子ども「自分らしく生きていける」そんな世の中を目指して、NPOの活動を続けていきます。

45日間このプロジェクトに関わりそして、ご支援ご協力を頂けた皆様方に改めてお礼を言わせて下さい。

『人の温かさというエネルギーを私に吹き込んでくださり、本当にありがとうございました!!』